B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

荷受け側にも配慮する 丁寧で安全な梱包を徹底
株式会社向隆 代表取締役社長 善波達也

 
プロフィール 神奈川県出身。幼少の頃から野球に熱中する。桐蔭学園、明治大学、東京ガス硬式野球部でプレーし、1989年に父が経営する(株)向隆に入社。仕事に邁進する傍ら、2004年に明治大学野球部のコーチに就任した。2008年からは監督を務め、2019年に退任。同社の経営を引き継いだ後も、全日本大学野球連盟の評議員、日本高等学校野球連盟の技術・振興委員会委員を務めるなど、野球と縁の深い毎日を送っている。【ホームページ
 
 
 
明治大学野球部の監督としてチームを全日本大学野球選手権で優勝に導いた経験を持ち、現在は、神奈川県綾瀬市で株式会社向隆を経営するのが代表取締役社長の善波達也氏だ。輸出貨物の引き取りから梱包まで堅実に行う同社の高い意識を育んできたのは、さまざまな荒波を乗り越えてきた善波社長の経験にある。善波社長が野球から教わり、後進にも伝えたいと語るスピリットをじっくりとお聞きした。
 
 
 

明治大学を優勝に導き退任後は梱包業に専念

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 小林雅英(野球解説者)
小林 神奈川県綾瀬市の株式会社向隆さんにお邪魔しています。梱包業や倉庫業を手がけておられるそうですね。実は、善波社長と私は野球を通じた昔からの仲間なんですよね。まずは、善波社長のご経歴をあらためてお聞きしたいです。
 
善波 私は子どもの頃から野球をプレーしてきました。ポジションはキャッチャー。桐蔭学園、明治大学、東京ガスと人生を歩み、1989年に父が経営していた弊社に入社しました。その後も東京ガス硬式野球部の練習を手伝うことがあり、小林さんのボールも受けましたよね。
 
小林 私もよく覚えていますよ。当時は本当にお世話になりました。でも、善波社長の輝かしい球歴はここからが本番ですよね。ぜひ、詳しく教えてください。
 
善波 私は2004年に、母校である明治大学野球部のコーチに就任しました。2008年から監督を務め、2019年の全日本大学野球選手権大会優勝も経験しまして。この間、さまざまなタイプの学生に出会い成長に関わってきました。現在も、全日本大学野球連盟の評議員や日本高等学校野球連盟の技術・振興委員会委員を務めるなど、あいかわらず野球と縁の深い毎日を送っているところですよ。
 
小林 その善波社長が経営する、株式会社向隆さんの歩みや現在の事業内容を教えてください。
 
善波 弊社は1967年に父が創業した会社です。事業内容は梱包業、倉庫での保管、入出庫がほとんどを占めています。梱包と言っても弊社の役目は、さまざまな材質の機械、荷物をさらに大きな木箱などで保護し、輸出をはじめとした長期間の輸送にも耐えられるようにすること。工場でお荷物を引き取り、梱包し、コンテナに積み込む、あるいは空港や港へ搬出するまで一貫して手がけているんです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事