B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

パーソナルボクシング×整体で 身体をトータルサポート
GOODHANDS GYM 代表 奥井浩一

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則
(元ボクシング世界王者)
畑山 大阪市城東区京橋駅から徒歩5分圏内にある、GOODHANDS GYM(グッドハンズジム)さんにお邪魔しています。奥井代表にご登場いただくのは2回目で、前回は整体サロンGOODHANDSの代表としてでしたね。今回は、新たにオープンしたGOODHANDS GYMについて詳しくお聞かせください。
 
奥井 はい。尊敬する元世界チャンピオンの畑山さんにお会いできてとても光栄です。GOODHANDS GYMではもともとある整体メニューに新しく加えたパーソナルボクシングと整体を組み合わせたオリジナルメニューがあります。60分間で姿勢分析からストレッチ、バランスボールやチューブを使った体幹トレーニング、ドローイン、シャドーボクシング、ミット打ち、サンドバッグ、整体という内容です。
 
畑山 パーソナルボクシングのジムは多くあります。でも、整体と組み合わせた施設は聞いたことがありませんよ。その効果はいかがですか?
 
奥井 特に効果を実感しているのがボクシングでの肩甲骨と股関節の連動です。普段当たり前に使っているように思えて、実は使えていない肩甲骨の動きと股関節の動き、身体の連動性に意識を向けることで、本来の身体が持っている可能性を引き出します。現代人の身体は便利になった生活で野性が失われ、さらにコロナ禍で弱っていると思うんです。普段使えていない筋肉を呼び起こすことでコロナにも負けない身体づくりを目指します。肩こりや腰痛の予防、姿勢改善、ダイエット、リハビリ、アスリートの能力向上、怪我の予防など、さまざまな方に喜んでいただけていますよ。
 
glay-s1top.jpg
畑山 奥井代表の斬新な試みはとても興味深いですね。それにしても、どうしてこのようなジムを立ち上げようとお考えになったのでしょう。
 
奥井 コロナ禍で運動不足やストレスからくる不調の方が増えている中で、お客様にボクシングを活かしたトレーニングが必要だと感じました。整体サロンの休憩室をパーソナルボクシングのスペースに改装して、お客様それぞれに合ったトレーニングと整体を提供することで施術効果の持続、向上ができると感じています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事