B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

常に上を向いて走り続け 不動産業の天辺を目指す
株式会社ドリームプロジェクト 代表取締役 石村博史

 
プロフィール 東京都出身。高校を1年で中退して社会人として働き始め、建築職人や飲食店などの接客業に挑戦。20代後半で、食品販売の飛び込み営業職で大きな成果を上げたことで、独立願望が芽生える。30歳で、友人から営業スキルを買われ、誘いを受ける形で不動産業に転職した。4年間経験を積み、34歳で独立。(株)ドリームプロジェクトを立ち上げた。【ホームページ
 
 
 
建築業、飲食店、食品営業とさまざまな職業を経験し、30歳で不動産業界に飛び込み見事に独立。業界の頂点を目指して走り続けている経営者が、株式会社ドリームプロジェクトの代表取締役・石村博史氏だ。顧客やスタッフとのコミュニケーションを大切にし、投資用マンションの販売を中心とした事業で躍進を続ける石村社長は、憧れだった元ボクシング世界王者・内山高志氏との対談で、その情熱をますます燃やしチャレンジしていくことを誓っていた。
 
 
 

多くの職業でチャレンジし続けて不動産業へ

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 内山高志(元ボクシング世界王者)
内山 東京を拠点に不動産の売買やコンサルティング、リフォーム、賃貸管理など幅広い事業を手がける株式会社ドリームプロジェクトさんにお邪魔しています。まずは、石村社長の歩みを教えていただけますか。
 
石村 もともと私は、子どもの頃から人と話すことが大好きでした。高校は1年で中退して社会人として働き始め、建築職人や飲食店などの接客業にチャレンジしました。同年代の人より早く働く経験をしたことで、お金を稼ぐことの何たるかを若くして学べたと思います。そして、20代後半の頃に、食品販売の飛び込み営業職で大きな成果を上げたことで自信を持ち、独立願望が芽生えたんです。とは言っても、すぐに起業したわけではありません。不動産会社で這い上がり自分の部署を立ち上げた友人から声をかけられ、30歳でこの業界に転職してきました。そこで経験を積んだ後に、34歳で独立して弊社を創業したんです。
 
内山 非常にパワフルでチャレンジ精神に溢れたご経歴ですね。石村社長は2021年現在40歳とお聞きしています。41歳の私と同世代の方が経営者としてご活躍しているのが嬉しいですし、石村社長が不動産業界に移ってきた30歳という年齢は、私が初めて世界チャンピオンになった頃。その年齢で新たな職種にチャレンジし、見事に成功しているご経歴には、勇気づけられますよ。
 
石村 ありがとうございます。憧れの内山さんにそう言っていただけると、非常に嬉しいです! 
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事