B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

高品質なサービスを実現 老舗のダクト製作会社
関西中央ダクト株式会社 代表取締役 米田純一

 
プロフィール 大阪府出身。学業修了後、1994年に中央ダクト大阪支店に入社する。同社は1995年に独立するとともに、法人化し関西中央ダクト(株)に組織改編した。その中で経験と実績を積み、常務取締役に就任。先代の退任に伴う役員会議によって、2020年10月に代表取締役に就任した。創立70年の歴史を誇るダクト製作会社の3代目社長として、後進の育成と会社のさらなる成長に力を入れている。【ホームページ
 
 
 
大阪府摂津市で空調・排気などのダクト製作を行う関西中央ダクト株式会社は、創立70年を誇る老舗企業。3代目の代表取締役である米田純一氏は、長い歴史を持つ会社の強みは高品質なサービスにあると語る。高い施工技術はもちろん、現場の保全や清掃を徹底し、作業の不備をなくすためのチェックにも余念がない。その結果が企業の高いブランド価値につながっている。会社の魅力や仕事への思いについて、米田社長に聞いた。
 
 
 

創立から70年の歴史を持つダクト製作会社

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球評論家)
狩野 大阪府摂津市の関西中央ダクト株式会社さん。御社はオフィスビルや工場などの通気口として用いられるダクトの製作を行う会社として、長い歴史をお持ちとうかがいました。まず、御社の沿革から教えてください。
 
米田 弊社はもともと中央ダクトという会社の大阪支店として、1950年に創立しました。その後、1995年に独立し、商号をあらためて現在の体制となったんです。私は弊社がちょうど独立した頃に入社いたしまして、代表としては3代目となります。
 
狩野 昨年の2020年は創立からちょうど70年だったわけですね。先代は米田社長のお父様やご親戚の方だったんですか?
 
米田 いえ、世襲ではなく、先代社長の退任に伴う役員会議によって、2020年10月に代表取締役を拝命いたしました。私は、入社時からの先輩や同僚、スタッフたちに支えられて今があると考えています。そして、弊社の70年もの長い歴史は、ご愛顧いただいているお客様なしでは決して成しえませんでした。そのような周囲の方々やお客様へ、深く感謝の意を伝えたいと思います。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事