B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

空き家再生に全力を注ぎ 西成の街を変革する!
株式会社港不動産 代表取締役 金森匡邦

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則(元ボクシング世界王者)
畑山 大阪市西成区の株式会社港不動産さんにお邪魔しています。さっそく、会社の歴史や金森社長のご経歴を教えていただけますか。
 
金森 私は大学を卒業後はマンションデベロッパーに就職したんです。ところが1年後に、リーマンショックの影響で同社営業部が新たに創設した会社に転職することになり、そちらで多くの経験を積みました。そして2015年、港不動産から事業承継の話が持ち込まれたんです。もともと弊社は今年2020年で創業66年を迎える西成の老舗不動産会社でして、私の父が所有していた物件の管理を港不動産に任せていたというご縁があったんですよ。
 
畑山 先代のオーナーさんは、信頼できる方に会社を継いでもらいたかったのでしょうね。
 
金森 ただ、お話をいただいてから2週間で決めてくれと言われたんですよ(笑)。それでも私は「またとないチャンスだ」と承継を決断しました。もともといた社員はみんな残ってくれましたし、さらに異業種からも人材を採用するようにして、社内に新しい風を吹かせているところです。
 
畑山 事業承継をして5年、金森社長が感じる西成区の魅力を教えてください。
 
金森 西成はミナミエリアまで電車で5分、しかも、関西空港へのアクセスも良く、交通の便がとてもいい場所です。しかも近接区にはオフィス街が広がっていますから、大きなポテンシャルを秘めた街ですよ。弊社はこの西成で不動産売買、資産運用・土地活用のコンサルティング、賃貸物件の管理、空き家・空地の再生、不動産相続のご相談など総合不動産業を展開しております。特に力を入れているのは空き家や空き地の再生ですね。
 
畑山 西成も空き家が増え続けているのでしょうか。
 
glay-s1top.jpg

金森 ええ、このエリアは空き家率が約22%と、大阪市内でワーストワンなんですよ。立地がいいのになぜ空き家が多いのかというと、歴史のある街だけに世代交代がなかなか進まず、権利関係が複雑な古い長屋の再生に不動産会社も二の足を踏んでしまうからです。しかし、弊社はこの空き家率の高さにあえて着目しました。そして、外国人就労者向け住宅のリノベーションを進めるなど、西成ならではのメリットを生かした活用方法を探っているところです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事