B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

和歌山の腰痛をゼロに! 根治にこだわる整体院
整体院國 -KUNI- 院長 國中優樹

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 本日は和歌山市にある「整体院國 -KUNI-」さんにお邪魔しています。こちらは慢性腰痛の改善に特化しているそうですね。なぜ腰痛を専門とするようになったのか、國中院長の歩みからお聞かせください。
 
國中 私は東京都東村山市の出身で、中学・高校と野球をやっていて、自身の腰痛をきっかけに治療の世界へ。高校卒業後は、埼玉県大宮市にある呉竹医療専門学校に入り、柔道整復師の資格を取得したんです。
 
タージン 呉竹医療専門学校とは、柔道整復師界における東京大学とも称される名門だとお聞きしました! 卒業後はどうなさったんでしょう。
 
國中 東京都国立市にある整骨院に就職しました。ただ、なかなか施術をさせてもらえず、ずっと受付業務や雑務ばかりだったんですよ。そんな中、ある大学のアイスホッケー部の選手たちと知り合いましてね。彼らのトレーニングのサポートなどを個人的に行いながら、運動学やスポーツ理論なども学びました。それから間もなく、勤務していた整骨院を退職し、今度は新潟県の湯沢町に移ったんです。
 
タージン いわゆる越後湯沢ですね。それはなぜだったんですか?
 
國中 趣味のスノーボードを楽しもうと思い、現地でアルバイトをしながら生活していたんです。そこでは、私と同年代の若いプロスキーヤーとも知り合いまして。彼が出場する大会に帯同するなどして、体のケアやサポートを行っていました。
 
タージン 若いうちから気心の知れたアスリートと交流しながら技術を磨いてこられたというのは、とても良い経験だったでしょうね。その後についてもぜひ教えてください。
 
glay-s1top.jpg
國中 それから、神奈川県平塚市の整骨院に就職しました。そこで院長をなさっていたのが、“世界から腰痛をなくす”を標榜し、腰痛に特化した施術の普及を推進するKTR(ケーティーアール)テクニック協会の会長を務めておられる、迫田和也先生だったんです。迫田先生のもとで学んだことで、それまでの考え方が大きく変わりました。
 
タージン まさに運命的な出会いですね。迫田先生のお考えとはどのようなものだったのでしょう?
 
國中 ただ施術を行うのではなく、痛みの原因である根本的な部分を改善する“根治”を信条としていました。例えば、一般的な整形外科医院は、対処療法として体の痛みに対する治療を行います。しかし、一時的に痛みがなくなったとしても、痛みの原因を取り払わなければ、またいずれ再発して通院しなくてはならなくなってしまうんですよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事