B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

注文住宅を通じて “暮らし方”を提案
株式会社ナカタ 代表取締役 中田剛

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球解説者)
狩野 奈良市を中心に注文住宅やリフォームを手がけておられる、株式会社ナカタさん。こちらのスペースも、とってもおしゃれですね。
 
中田 ありがとうございます。ここは、お客様との打ち合わせスペースとして使用しているんですよ。ここから北へ少し車を走らせると京都府なので、京都府木津川市方面から奈良市にお勤めの方やお買い物帰りの方が立ち寄ってくださることも多いですね。そのため、お客様は京都府南部と奈良県北部の方がほとんどなんです。
 
狩野 幹線道路沿いでちょうど良い立地なんですね。では、中田社長がこの業界に進まれた経緯からうかがいましょう。
 
中田 実は、私の父も建築業界で自営をしていたんです。父親の姿を見て育ったことで、私も自然と建築の道へと進むことになりました。独立以前はゼネコンで現場監督として務めており、大型物件ばかりを扱う仕事だったのでやりがいも大きかったですね。ただ、仕事の規模の大きさと業界の仕組みのせいでお客様の顔が見えないことが多かったので、もっとお客様に喜んでいただき、直接的に感動を与えられるような仕事がしたいと思うようになったんです。住宅建築を専門に手がけるようになり、実際にお客様とお会いしてお話しながら進めていくことが私にとってはやりがいであり、仕事の面白味でもあると、今あらためて感じています。
 
glay-s1top.jpg
開放的で洗練された打ち合わせスペース
狩野 住宅は、多くの方にとって一生に一度あるかどうかの大切な買い物です。私自身も、家を建てた時、最初はなかなか担当者の方と話が噛み合わず苦労しました。最終的には女性の担当者さんに変えてもらったことで妻と波長が合ったのか、話がうまく進みましたね。
 
中田 今はご夫婦共に働いておられる家庭が多いものの、やはり、女性のほうが家にいる時間が長いことが少なくありません。自宅の使い勝手を提案する際にも、女性目線の方がお客様に喜ばれることが多いんですよ。弊社の営業スタッフは全員女性なのも、そうした女性特有の感性を活かして、女性同士で打合わせをすることによって、最終的には家族の皆さんが納得できる住宅ができるんじゃないかと考えているからなんです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事