B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

工夫を凝らした機材で 高品質の清掃を実現!
有限会社クリーン開発サービス 代表取締役 吉野貴雄

 
プロフィール 東京都出身。飲食店を営んでいた両親が排水管の清掃業をスタート。(有)クリーン開発サービスを設立した。自身は飲食業一筋で働いていたところ、両親の要請で2008年に家業に戻る。2017年に2代目に就任してからは、作業効率化を目指して清掃機材の開発・改良に着手。作業時間の大幅な短縮に成功し、ハイクオリティなサービスを低コストで実現。現在は飲食店などの消毒業務でも活躍中。【ホームページ
 
 
 
何かを購入する際、より安いものを選んでしまうのは当然だろう。しかし、なぜ安いかを考える人は少ないのではないだろうか。有限会社クリーン開発サービスは、排水管の清掃を行う会社だ。ハイクオリティなサービスで、安かろう悪かろうの業者とは一線を画すサービスを提供している。吉野貴雄代表取締役が自らの創意工夫を凝らした機材を用いることで、作業時間を短縮。作業効率化によってコストを抑制している。吉野社長に、事業への思いをうかがった。
 
 
 

貯水槽や排水管の清掃会社

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則(元ボクシング世界王者)
畑山 有限会社クリーン開発サービスの吉野貴雄社長と奥様の希和子さんにお話をうかがいます。御社の事業内容からおしえてください。
 
吉野(貴) 集合住宅の貯水槽や洗面台、流し台などの排水管の清掃を主な業務としていて、他に給水・排水ポンプ交換工事、給排水設備工事なども行っております。
 
吉野(希) 排水管が詰まってからだと処理が難しくなるので、不動産管理会社やマンション管理組合などと契約し、定期的な清掃を行っているんですよ。また、飲食店や公共施設といったあらゆる建物の消毒業務なども手がけています。新型コロナウイルス感染防止対策にもなりますので、ぜひご利用いただきたいですね。
 
畑山 私たちの生活に欠かせない事業を展開しているんですね。吉野社長は2代目だと聞いています。会社の歴史についても教えていただけますか。
 
吉野(貴) 弊社は私の父が1995年に設立した会社です。それまで両親はとんかつ店を経営していたので、排水管の清掃業者と面識があったんですよ。それで、自分たちも興味を持ち、この会社を立ち上げたんです。
 
吉野(希) 創立当初は仕事がなく、一軒ずつお宅を回っては草むしりでも何でも、要望があればお応えしていたそうです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事