B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

タクシーの整備を中心に 地域を支える熟練の技術
サクラ自動車有限会社 代表取締役 鈴木智子

 
プロフィール 東京都出身。都市銀行などで事務職の経験を積む。夫婦で東京から徳島に移住し、夫方の家業である1967年創業のサクラ自動車(有)の運営を手伝い始め、2015年に代表取締役に就任した。タクシーなどの業務用車両や一般車の整備・修理、中古車のネット販売、さらに板金塗装やパーツ取り付けなど、幅広い業務に対応。徳島県指定の優良民間車検工場として、地域の交通を支えている。【ホームページ
 
 
 
創業から半世紀以上、高品質な自動車整備を行う徳島市のサクラ自動車有限会社。鈴木智子代表取締役は、先代からの企業理念を受け継ぎ、顧客ファーストのマインドを大切に事業を行っている。タクシーなどの業務用車両を中心に整備・修理を行っているほか、中古タクシー車両のネット販売も手がけ、日本各地から注文を受けているという。熟練の技術で地域の交通を支える同社の特長について、鈴木社長に詳しくうかがった。
 
 
 

創業から50年以上の老舗自動車整備会社

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則(元ボクシング世界王者)
畑山 徳島市で自動車整備などを行っているサクラ自動車有限会社さん。とても歴史ある雰囲気の工場ですね。鈴木社長とご主人のご夫婦で会社を運営していらっしゃるとお聞きしました。
 
鈴木 はい。弊社は、夫の父が1967年に創業しました。現在はスタッフ6名体制で、みんなに協力してもらいながら、会社を運営しています。
 
畑山 創業から50年以上も続く老舗なんですね! 鈴木社長はどのような経緯で経営に関わるようになったのでしょう?
 
鈴木 もともと私たち夫婦は東京で別の仕事をしていました。ただ、先代も高齢になったことで体調面などを考慮し、私たちがこちらに移り住むことになったんです。そして、2015年に会社を受け継ぎました。夫は若い頃に先代の仕事を手伝っていたので、現場の技術的な部分を担当することになり、一方、弊社の経営面を私が担当することで、代表を務める形になったんです。
 
畑山 なるほど。ご主人が現場で自動車整備を担うことで、鈴木社長は経営に集中できると。まさに夫婦二人三脚で会社を支えていらっしゃるわけですね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事