B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

解体・塗装・防水など 要望に応え事業を多角化
株式会社ウエスト 代表取締役 西卓也

 
プロフィール 徳島県出身。25歳の頃から建設業に携わり、個人事業主として産業廃棄物収集等の事業を手がけていた。その中で、顧客のニーズに応える形で事業を多角化。解体工事や塗装・防水工事、ハウスクリーニング事業のための設備投資を進め、2015年に(株)ウエストを設立した。徳島県内のジムでボクシングと総合格闘技にも取り組み、自らの体と心を鍛えつつ、社員を引っ張っている。【ホームページ
 
 
 
高度成長期に建造された建物の建て替え需要や空き家の増加などの社会情勢を背景に、建物の解体に対するニーズが高まっている。老朽化した建物の解体には危険が伴うため、非常に高い技術が求められる。株式会社ウエストは、熟練の職人が多数在籍。レベルの高い施工で評価を集め、多くの解体工事を受注している。さらに、塗装や防水など住まいにまつわる幅広い工事にも対応。代表取締役の西卓也氏に、会社の強みや仕事に対する思いについてうかがった。
 
 
 

ニーズに応えて幅広い事業を手がける

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則(元ボクシング世界王者)
畑山 徳島県で建設業を展開する株式会社ウエストさん。まずは、これまでの西社長の歩みを教えてください。
 
西 私は建設現場などから出る産業廃棄物の収集運搬業を経て、2015年に株式会社ウエストを設立しました。現在は産業廃棄物収集運搬業のほか、解体工事や建設工事、塗装・防水工事、ハウスクリーニングなどを手がけています。
 
畑山 それだけ幅広く事業を展開するようになったのはどうしてなんでしょう。
 
西 お客様のニーズにお応えしていく中で、機器などを購入して設備投資を進め、少しずつ事業を広げてきたという感じですね。
 
畑山 お客さんのニーズに応えたいという思いで多角化を進めてこられたと。ただ、人手不足で困ることはないですか? 首都圏では、人がなかなか集まらなくて困っている業者さんが多いんです。
 
西 弊社には現在、20名ほど従業員がいます。幸いなことにスタッフに恵まれ、みんな一生懸命頑張ってくれています。チームワークも良く、人材で苦労したということはこれまであまりなかったですね。
 
畑山 それはすごい。しっかりとした経営ができている証拠だと思いますよ。
 
西 ありがとうございます。弊社の業務エリアは徳島県内を中心に、兵庫県の淡路島などにも対応できます。ただ、徳島は狭いので、エリアを広げてお客様を増やし過ぎると、今までご利用いただいたお客様のニーズに応えられなくなってしまう恐れがあるんです。ですから、地域に密着して成長していければいいなと考えていますね。
 
畑山 地域に根ざして、与えられた仕事を一生懸命に全うするよう心がけているわけだ。大切なことだと思います。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事