B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

不動産事業を通じて 関わる人々にメリットを
株式会社ヤナセ 代表取締役 柳瀬祐至

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 鎮西寿々歌(タレント)
鎮西 東京都新宿区で不動産の売買や仲介などを手がける株式会社ヤナセさん。まずは柳瀬社長のご経歴からお聞かせください。
 
柳瀬 私は2009年頃から、収益不動産を少しずつ購入し2014年4月に法人化しました。現在は東京・千葉・埼玉・神奈川エリアの物件を取り扱っており、現在、私が力を入れているのは空き家などの戸建のリフォーム再販事業です。ほかの業者が見向きもしないロットの小さい物件でも、弊社では積極的に買い取ってリフォームし、投資家さんに販売したり貸し出したりしています。
 
鎮西 数ある不動産の中で、柳瀬社長が空き家に着目した理由もぜひお聞きしたいです。
 
柳瀬 一言で言えば、空き家の再生が好きだからですね。もともと物件を見に行くことが好きなんですよ。そのうえで、空き家をどんな風に再生して世に出せば売主様、買主様、仲介業者様、入居者様といったすべての関係者が利益を上げられるのか。そのための戦略を考えることが楽しいんです。過去には赤字を出したこともあるものの、それも勉強の一つだととらえています。私は、そうしたさまざまな勉強を積み重ねながら、関わる方々が損をしない取り引きができるように努めています。
 
鎮西 そのお考えは素晴らしいです! ほかにもお仕事の中で心がけていることはありますか?
 
柳瀬 私は後のトラブルを避けるためにも、「この物件はリフォームしていますが、ここだけは傷んだままになっています」というように“瑕疵”、いわゆる傷も隠さず丁寧にご説明することを大事にしています。また、不動産投資についてのご相談を受けた際はついつい無料でお受けすることもあるんですよ。​相談だけでお金にならないことが多いですけどね(笑)。
 
鎮西 柳瀬社長はお客さんを第一に考えていらっしゃるんですね。
 
glay-s1top.jpg
柳瀬 はい。先ほども言ったように、私は弊社に関わる方すべてにメリットを与えることをモットーにしています。そして、自身の活動を通して私がお伝えしたいのは、「不動産はおもしろい」ということなんです。一つひとつ魅力が異なる物件に関わり、どのようにより魅力的に生まれ変わらせるか考える仕事は本当に楽しいんですよ。ですから、今後も自分にできる範囲を守りながら、不動産を通じて関わる方を幸せにしていきたいと考えています。
 
鎮西 ご自身も楽しみながら、関わる方々のために仕事に取り組む姿は素敵です! これからも頑張ってくださいね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
自分自身がわくわくするような仕事をすることですね。
(柳瀬祐至)
 

:: 企業情報 ::

株式会社ヤナセ

〒0169-0072 東京都新宿区大久保2-5-20-508

ホームページ
https://yanase-hudousan.com

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事