B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

地域の患者を笑顔にする 利用しやすい歯科医院
医療法人社団豊歯会 坂本歯科医院 院長 坂本博

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 内山高志(元ボクシング世界王者)
内山 東京都葛飾区の医療法人社団豊歯会の坂本歯科医院さん。坂本院長はボクシング経験があるそうですね。
 
坂本 はい。私は大学で6年間学んだ後、29歳で歯科医になり、30歳で独立開業しました。その後、テレビでボクシングを見て刺激を受け、36歳で区内のボクシングジムに入会したんです。トレーニングを積んで、スパーリング大会や30歳以上の男性に参加資格のある「ザ・おやじファイト」にも7戦ほど出場して、40代でライト級チャンピオンになりました。
 
内山 すごい実績じゃないですか。“戦う歯医者さん”なんて聞いたことないですよ(笑)。
 
坂本 プロライセンスは取れませんでしたけどね。ただ、ボクシングを経験したおかげで、使い勝手が良くクオリティの高いマウスピースを作成できるようになりました。これは当院の強みになっています。それに、プロボクサーをはじめとするアスリートの方の来院も増えましたね。
 
内山 ボクシング経験者に診療してもらえるのは、アスリートにとっては頼りになると思います。
 
坂本 もちろん町の歯科医ですから一般の方々もいらっしゃいますよ。祝日以外はずっと開院しており、平日の月、水、金曜日は21時まで診療しています。夜遅い時間帯は会社員の方が多く見えますね。また、寝たきりの方や、通院困難になったご高齢者、身体に障がいがある方などの自宅に出向いての診療も行っています。
 
内山 それだけ臨機応変に対応してくれるのは、地域の方々にとってはありがたい存在だと思います。通院困難な方の往診は坂本院長が自らなさるのですか?
 
坂本 そうです。訪問診療を心待ちにされている方が多いので、それが楽しみなんですよ。一人では外出困難な方を車に乗せてお花見をしたこともありました。喜んでもらえて嬉しかったです。
 
glay-s1top.jpg
内山 素敵なお話です。ここまで地域に貢献している歯科医はなかなかいないでしょうね。
 
坂本 今の私があるのは、親や親戚、周囲の皆様のおがけで、自分の力だけではありません。だからこそ、人を喜ばせる仕事や人が喜ぶことをしたいですし、それが楽しいんです。
 
内山 熱い心の持ち主ですね(笑)。坂本院長にとって、患者さんに喜んでもらうために仕事をするのが、一番の信念なんだと感じましたよ。今後も地域の皆さんを笑顔にしてください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
人を喜ばせるようなことがしたい。その思いで仕事をすることを大事にしていますし、それが楽しみです。
(坂本博)
 

:: 事業所情報 ::

医療法人社団豊歯会 坂本歯科医院

〒124-0011 東京都葛飾区四つ木4-27-12 太陽インキビル1F

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事