B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

塗装や内装リフォームを 低価格かつ高品質に施工
アラキ建装 代表 荒木康義

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 濱中治(野球解説者)
濱中 大阪市で塗装やリフォーム工事などを行っていらっしゃるアラキ建装さん。荒木代表は野球がお好きだとうかがっていましたので、今日はお話ができるのを楽しみにしていました。
 
荒木 子どもの頃からずっと阪神タイガースのファンですから、私も濱中さんにお会いできて嬉しいです。仕事の息抜きは、野球観戦というくらい野球好きなんですよ(笑)。
 
濱中 お忙しい合間に野球を観て喜んでもらえているというのは、元プロ野球選手としてはありがたいですね。それでは、あらためてアラキ建装さんで手がけていらっしゃる業務内容を教えてください。
 
荒木 塗装工事を中心に、外構・エクステリア工事、内装リフォーム工事を行っており、協力会社と一緒に屋根の葺き替えなども手がけています。気付けば、この業界に携わってからもう20年くらいになりますね。
 
濱中 20年とは、まさにベテランの域ですね! 独立されたきっかけは何だったんですか?
 
glay-s1top.jpg
荒木 以前は塗装会社に勤めており、その中で「自分で仕事を請け負えばもう少し価格を下げることができるんじゃないか」と思ったんです。工事費用を下げればお客様にもっと喜んでもらえるのではないかと。それで、独立に至ったわけです。
 
濱中 なるほど。お客さんのためを思ったうえでの独立だったんですね。
 
荒木 はい。私どもの強みは、同業他社と比べてお客様の負担が軽いことにあると考えています。交通費など、工事以外にかかる経費をなるべく下げるようにして、その分をお客様に還元できるよう意識しているんですよ。そのうえで、工事は決して手を抜かず、質の高い仕事を心がけています。時には、あまりに安すぎてお客様から怪しく思われることもありますね(笑)。でも、意図をしっかりとご説明することで、ご納得いただいています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事