B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

荷物に関わる人たちの
思いを届ける軽貨物運送

 

家庭向けの配送業で法人化を目指す

 
glay-s1top.jpg
内山 軽貨物配送の仕事をするにあたり、一番の魅力だと思われるのはどういった部分ですか?
 
伏見 職場の人間関係に悩まされたことが離職の理由になることって多いですよね。一方、配送のサービスは荷物の積み下ろしや車を運転することが主な業務なので、仕事中に一人の時間が多く、人間関係に縛られずに働けるのは、メリットだと思います。そのうえ、荷物を届けたときにはお客様から「ありがとう」と喜んでいただけますしね。
 
内山 なるほど。個人宅が配送先だと、お客さんとのコミュニケーションが深まりそうです。
 
伏見 そうですね。私のこれまでの経験では、企業向けと比べて家庭向けの配送は、親しみを持って接してくださるお客様が多く感じます。ですから、毎日同じエリアを車で走って、地域のお客様に会えるのが楽しみになってくるんですよ。お届けする荷物とお客様を大事にした配送サービスでみなさんの笑顔と出会えることに、大きなやりがいを感じていますね。ただ、現在は高齢化の影響などもあり、若手のドライバーが不足していまして、そこが大きな課題です。
 
内山 確かに、配達をしているドライバーさんに若い方は少ないかもしれません。私は1日に2回は宅配で荷物が届くくらい、ネットショッピングをよく利用しているので、そういう実感があります。そんな中で、今後どんなことを目標にしていくのでしょうか?
 
glay-s1top.jpg
伏見 まずは法人化を目標にしたいですね。私の思いに共感してくれるドライバーを増やして、お客様を笑顔にできる会社であり続けたいです。業界には企業向けの配送を中心としている業者さんもいます。でも、私は今後も個人宅への配送をメインに事業を拡大していきたいです。そうすることが、他の業者さんとは異なるF-ラインの特長だと思っていますし、お客様に「注文してよかった!」と心から喜んでいただきたいんですよ。
 
内山 お話をうかがって、F-ラインさんが法人化して大きくなっても根底にあるサービス精神は変わらないんだろうなと感じました。伏見代表の高い志で、軽貨物運送業界に新たな風を吹かせていただきたいです。これからもお客さんに喜ばれるサービスを続けていってくださいね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
真剣に取り組むことで、その度ごとにやりがいを見つけていく。その繰り返しの中に仕事の楽しみがあります。
(伏見俊亮)
 
 :: 事業所概要 :: 
  ■ 事業所名 F-ライン
■ 所在地 〒421-1112 静岡県藤枝市岡部町殿34-51
■ 事業内容 軽貨物運送事業
■ 設立 令和2年2月
■ ホームページ http://f-transport.jp
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事