B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

地産地消の精神でつくる
プラスチックの会津漆器

 
 
glay-s1top.jpg
(写真左から)奥様の真理子さん、長男の孝貴さん、兄の孝一さん、
次男の和希さん
古川 ありがとうございます。私は、伝統工芸の地産地消を大切にしたいと考えています。また、チャレンジ精神も忘れず、一見すればガラスのように見えるプラスチック材料を使うなど、試行錯誤を繰り返しながら商品の付加価値を高めることに挑戦しているんです。
 
駒田 古川代表の飽くなき挑戦心は、どのように湧いてきたのでしょう?
 
古川 もともと、私どもは自動車や携帯電話の部品を生産していました。しかし、現在のように消費者の皆様が直に手に取っていただける商品をつくるようになって、仕事に対する意識も大きく変わっていったんです。例えば、私がつくった商品が小売店の店頭に並んでいると嬉しいですし、さらにそれをお客様が手に取り、購入してくださったところを見ると、心の底から喜びが湧き上がってきます。そのような喜びが私のモチベーションとなっているんです。
 
駒田 なるほど。それでは良い商品をつくり、お客さんに喜んでもらうために、仕事の中で大事にしていることはなんでしょうか?
 
glay-s1top.jpg
古川 先ほども言ったように、依頼された仕事は、設備の問題でどうしても不可能な場合を除き、たとえ利益にならなくてもお引き受けすることです。また、万が一にも失敗した時は、その原因をとことんまで突き止め、しっかり学習することも大切にしています。創業以来40年以上も続いているのは、一貫してこの姿勢を忘れないからだと思いますね。
 
駒田 その志は素晴らしい! 今後もずっとその姿勢を貫いていってほしいですね。それでは、最後に古川代表の目標をお聞かせください。
 
古川 まずは、若い世代の人たちにも手に取ってもらえるような、プラスチック製の会津漆器を生み出したいですね。そして私どもの取り組みを積極的に発信し、消費者の皆様にものづくりの価値や日本の伝統を知っていただきたいと考えています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
お取引先から依頼を受け、私がつくった商品が小売店の店頭にならび、購入したお客様が使ってくださる。そのサイクルが社会をつくっている、いわば私の仕事が社会へ貢献していると考えると仕事は楽しいですね。
(古川孝治)
 

:: 事業所情報 ::

古川プラスチック

〒969-3462 福島県会津若松市

TEL 0242-75-4735
メールアドレス furukawa.plastic@outlook.jp