B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

自立重視型の個別学習塾
個々に教育をデザイン

 

本来の勉強は、将来を明るくするためのもの

 
glay-s1top.jpg
タージン 受験をするのは生徒自身。だから、生徒の自主性を伸ばし、教育者はそのサポートに回ることが大事なんだという松本代表の理念が伝わってきました。
 
松本 私の大学受験を振り返っても、親や先生から「やりなさい」と言われるのは嫌でした。では、どうすれば頑張れるかを考えると、やる気を高めるような支援型の指導だと思ったんです。また、従来の学習指導への懸念は他にもあります。その一つが地域性を加味しない指導です。例えば複数の教室を全国展開しているような塾ですと、地域性に合った指導をすることができないんですよ。
 
タージン 確かに、全国展開の場合はどうしても教室すべてで足並みをそろえがちになりますね。ただ、それでは生徒主体の教育の実現は難しいだろうな。
 
松本 大手塾の先生と話をしても、その点で葛藤を抱えている方が多い印象です。「生徒たちに必要な指導をしたいのにできない」というジレンマは、教育者として辛いと思いますね。
 
タージン 松本代表が教育について、いかに深い理念を抱かれているかがわかります。やはり成績という数字だけでなく、子どもたち一人ひとりのことを考えておられますね。
 
glay-s1top.jpg
松本 おっしゃるとおり、私は実績重視型の塾経営に一石を投じたいと思っています。というのも、成績でクラス編成を行うことは、競争を生む反面、下のクラスに落ちただけで劣等感や周囲の期待を裏切ってしまったという罪悪感を生みかねません。大人ならともかく、夢や目標、人格が形成しきれていない子どもに、その負の感情は重過ぎますよね。これがきっかけで、不登校に陥る子もいるくらいです。勉強は自分の未来を明るくするものなのに、将来を閉ざしてしまうとは、本末転倒の教育ではないかと思うんですよ。だから私は、教育者としてだけでなく、自分の未来を投影する対象としても子どもたちに接したいと考えています。「こんな大人になりたいな」「こんな大人でも悪くないな」と、私を見て生徒が思ってくれれば嬉しいですね。
 
タージン 素晴らしい! 松本代表ご自身が人生の「みちしるべ」なんですね。松本代表のような人間愛に溢れた方と感受性が豊かな時期に出会えると、人に優しくできる大人へと育ってくれそうだ。そうなればこの国ももっとよくなります!
 
松本 少しでも社会の役に立ちたいと思って始めた仕事なので、これからも日本の未来のために頑張りたいです!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
自分が社会に役立っていると思えることを仕事にすれば、やりがいを感じ、楽しんで取り組めます。日々キラキラと輝く子どもたちと接していると、心が洗われるようです。
(松本晃央)
 
 :: 事業所概要 :: 
  ■ 事業所名 個別学習塾みちしるべ
■ 所在地 〒562-0001 大阪府箕面市箕面5-1-45
■ 事業内容 学習塾運営
■ 設立 平成30年3月
■ ホームページ https://www.kobetsu-michishirube.com
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事