B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

オーナーに寄り添い 万全を期した不動産管理
株式会社アブソルート 代表取締役 村岡啓三

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 濱中治(野球解説者)
濱中 大阪府で不動産管理業を営まれている、株式会社アブソルートさんにお邪魔しています。不動産の管理業務というのは具体的にどういったことをされるんでしょうか?
 
村岡 オーナー様がお持ちの不動産の管理や運営、コンサルティング業務を行なっています。マンションの経営を例に挙げると、空室の改善や大規模修繕の計画、リフォーム工事、定期清掃などの業務をオーナー様からすべて任せていただくんですよ。
 
濱中 マンションの管理や運営、経営コンサルティングとなると、入居者同士のトラブルなども含まれるでしょうから、業務範囲が広く大変なお仕事ですね。さらにコンサルティングもされているということは、入居者の募集や家賃設定のアドバイスなどにも関わっておられるわけだ。
 
村岡 まさにそうですね。入居者さんたちのトラブル解決はとても重要な任務です。どんなトラブルも、必ず解決方法がありますので、いつも諦めずに取り組んでいます。我々の仕事は入居者さん一人ひとりを大切にすることです。だからこそ、オーナー様は運営のかなりの部分を任せてくださっているんだと思います。例えば家賃の設定に関しても、私の意見をかなり参考になさっていますしね。きつい業務に向き合っている姿を見て、信用してくださったのだと思います。
 
濱中 なるほど。ところで、村岡社長は、不動産管理のノウハウをどちらで学ばれたんでしょう。
 
glay-s1top.jpg
村岡 前職の不動産管理会社に勤めていた際の経験から、不動産の管理業務のノウハウを学びまして。ほかには、賃貸や売買の不動産仲介の経験もしたことで、エンドユーザーへの営業スキルを得ました。
 
濱中 現場で数多くの経験を積まれてきたのですね。今回の起業はどういった経緯だったんですか?
 
村岡 管理会社で働いているときから、もっとオーナー様に寄り添った丁寧な対応ができないか、また、入居者様と末長いお付き合いをするために、気持ちが行き届いた管理ができないかと考えていました。そこまで徹底するには自分でやるしかない! と覚悟を決め、独立することにしたんです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事