B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

仲間たちと共に日々前進 信頼ある配管工事業者
プラマスクエア株式会社 代表取締役 布施努

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 大阪市のプラマスクエア株式会社さん。衛生配管・空調配管工事や消火設備などに関する配管工事を手がけておられるそうですね。
 
布施 はい。主にマンションやテナントビルの配管施工を行っています。私は30歳前までは施工を管理する側の仕事に就いていました。しかし、これからは「技術者の時代だ」と感じ、施工技術を学ぶと同時に、現場での経験を積んできたんです。
 
タージン 管理者のお仕事をなさっていたと。ということは、もともとこの業界のことはよくわかっていらっしゃっていたんですね。その後はどうなさったんでしょう?
 
布施 それから独立し、個人事業主として配管工事を手がけていました。そこで同じような境遇だった仲間たちと出会い、もっと大きな規模でやっていこうと立ち上げたのが弊社なんですよ。ですから、とてもアットホームで、働きやすい環境が整っていると思います。
 
タージン 志を同じくする仲間たちと一緒に仕事ができるのは魅力的ですね。布施社長も、いわゆる職人という印象ではなく、柔らかいお人柄を感じさせますよ。それでは、業務内容も詳しくお聞かせください。衛生配管・空調配管工事とはどのような施工なんですか?
 
布施 衛生配管工事とは、キッチンやバス、トイレなどの生活排水にかかわる配管工事です。また、空調配管はその名のとおり空調設備にかかわるもので、空気の流れをスムーズにし、エネルギー性能を効率良く発揮できるよう施工します。いずれも人の生活に密接にかかわるものなんです。
 
タージン なるほど。我々の生活に欠かせないお仕事なだけに、高い技術が必要になりそうですね。
 
glay-s1top.jpg
布施 そうですね。私も配管工事を手がけるようになって約20年になります。その中でさまざまなノウハウを学んできました。そうして得た技術力を活かして、施工にあたっています。最近では、ベトナムの技能実習生にも仕事をしてもらっています。将来的にはベトナム支社を設立し、実習生たちが国に戻った時に、日本で学んだ技術を活かして母国に貢献できるよう働ける場所をつくりたいとも考えているところです。
 
タージン それは素晴らしい。両者にとってメリットのあるお話ですよね。仲間たちと共に汗を流し頑張っているというだけあって、とてもポジティブな会社という印象を受けました。今後もぜひ頑張ってくださいね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
仲間たちと共に支え合いながら仕事をすることですね。
(布施努)
 

:: 企業情報 ::

プラマスクエア株式会社

〒550-0012 大阪府大阪市西区立売堀2-5-41 合田ビル307

ホームページ
https://www.plumbersquare.co.jp