B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

抜群のチーム力を武器に 信頼される塗装業を展開
株式会社みらい塗工 代表取締役 望月輝幸

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 内山高志(元ボクシング世界王者)
内山 神奈川県横浜市で建築塗装・防水塗装工事などを手がける、株式会社みらい塗装さん。一般住宅から商業施設まで、幅広い塗装をしているそうですね。望月社長は、この業界に入ってどのくらいになるのでしょう。
 
望月 20年ぐらいになります。個人事業主として長く働きながら、神奈川県横浜市に来たのが2017年で、2019年に株式会社としてスタートを切りました。
 
内山 わずか3年で法人化するほどに会社を急成長させたとは素晴らしいですね! 神奈川界隈の仕事が多いのですか?
 
望月 東京、埼玉、千葉ほか、関東全域で請け負っています。埼玉では大手食品工場の塗装をしたことがありますし、横浜では、数年前から携わっている仕事の一つに、複合型レジャー施設のアトラクションなどの施工実績があります。
 
内山 通常、規模の大きい仕事はよほど信用がないと任せられないでしょう? その点、御社は非常に信頼が厚いということですね。
 
望月 以前、勤務していた会社の社長が、私をお客様に推薦してくださったんですよ。もちろん、大規模な仕事は私一人では無理ですから、協力会社さんの助けも必要です。そういった現場の場合、私は主に施工管理などを行っています。
 
内山 ご自身も現場仕事をしながら、依頼によってはマネジメントをする役割も果たしていると。協力会社さんを含めて全体を管理するのは塗装とは違う意味で難しいことですよね。
 
望月 私自身、塗装の腕には自信があります。しかし、今の自分があるのはこれまで支えてくださった方々や、さまざまな業者仲間のおかげなんです。だからこそ、みんなが潤える仕組みづくりが大事だと思いますし、お互いに仕事を共有しながら成長できれば、さらに発展できると思っているんですよ。
 
glay-s1top.jpg
内山 そうした仕組みづくりをされているからこそ、次のあらたな仕事にもつながっていくんでしょうね。職人の世界は、親方に怒鳴られながら成長するというイメージがあります。望月社長はどういうスタンスでスタッフのみなさんと接していますか?
 
望月 怒鳴ったりはせず、注意したいときはきちんと説明します。それで納得してもらえれば、気分を害さず仕事ができますからね。
 
内山 技術力、責任感、思いやりある導き、仲間を大事に思う気持ち、すべてに男としての心意気と優れた人間性を感じましたよ。職人として腕を磨きたい若者は、ぜひ望月社長を訪ねてほしいですね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
仲間と力を合わせて施工して仕上げたときに満足感や達成感があります。関わったみんなと笑顔になれるときが仕事の楽しみですね。
(望月輝幸)
 

:: 企業情報 ::

株式会社みらい塗工

〒232-0055 神奈川県横浜市南区中島町2-21-1-102

ホームページ
https://www.miraitokou.com