B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

足場と塗装の会社が組み 相乗効果で技術を高める
タイガーステップ/関島塗装 代表 飯野政良/関島翔太

 
プロフィール
飯野政良
19歳のとき、先輩の紹介で足場工事の仕事に就く。24歳のとき、結婚や子どもの誕生をきっかけに独立した。2019年からは、地元の後輩、関島翔太氏が代表を務める関島塗装と固い協力関係を締結。法人化を視野に入れ、活動をさらに活性化させている。【ホームページ
 
プロフィール
関島翔太
17歳で塗装会社に就職。先輩である飯野政良氏に、「腕に自信があるのなら独立すべき」と背中を押され、起業。その飯野氏が経営するタイガーステップと協力関係になってからは、一般住宅だけでなく大型施設にも活動の幅を広げている。【ホームページ
 
 
 
足場工事と塗装工事、それぞれの強みを活かしながら施工を手がける、タイガーステップと関島塗装。飯野政良代表と関島翔太代表は地元の先輩後輩の関係だ。しかし、両者を結ぶのは友情だけではなく、職人としての高い誇りである。「一片の油断もない、安全な足場を」「一切の手抜きのない、丁寧な塗装を」。2人が抱く混じりけのない職人魂の融合は、確かな施工という形として、我々の目の前に現れている。
 
 
 

足場と塗装でタッグを結成

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 矢部みほ(タレント)
矢部 足場工事を手がけるタイガーステップの飯野代表と、塗装会社である関島塗装の関島代表は、地元の先輩後輩関係で、現在はタッグを組んで活動しておられるそうですね。まず、お二人のこれまでの歩みを教えてください。
 
飯野 足場工事業界に入ったのは19歳のときです。知り合いの紹介で、最初はアルバイトのつもりでした。しかし、建築に最初から最後まで携わる足場の仕事に魅力を感じて、現在まで業界一筋で来たんですよ。独立は24歳のときで、結婚が大きなきっかけでしたね。
 
関島 私は17歳で塗装業界に入り、25歳で独立しました。でも、独立まではなかなか決心がつかず、飯野さんにもよく相談したんですよ。
 
矢部 当時から一緒にお仕事をされていたんですか?
 
関島 いえ、10代の頃から先輩後輩の関係ではあったものの、社会人になってからはプライベートの付き合いでしたね。
 
飯野 一緒に仕事をするようになったのは独立後の2019年からです。私自身、タイガーステップのさらなる成長のため、腹を割って付き合える相手を探していました。そして、塗装職人として腕が確かな関島さんに話を持ちかけ、足場、塗装というお互いの強みを活かして協力することにしたんです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事