B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

楽しい会話でお世話する
フレンドリーな訪問介護

 
 
glay-s1top.jpg
小川 そうですね。介護の学校では基本的に「ご高齢者に敬語を使いましょう」と教えられます。それでも、慣れてくるとまるで自分の親のように接することもあるんですよ。もちろん、敬語で話しかけないとお怒りになる利用者様もいらっしゃるので、そこは人を見て判断することが大事ですね。
 
矢部 なるほど。小川代表は、高齢者の方への敬意を持ちながら、仲良くすることを意識していらっしゃるように感じます。
 
小川 はい。今の日本を支えてくださった方々ですから、感謝の気持ちは絶対に忘れないようにしています。それに、どんなに大変な介護でも、将来もし自分が介護を受ける立場になったらと考えたら、丁寧に接することができるんです。想像力を働かせ、自分が受けたいと思える介護をする。それが当事業所の姿勢です。
 
矢部 先ほどおっしゃっていた教えが、現在も生き続けているわけですね。それでは、将来の抱負についても教えてください。
 
小川 介護の仕事は専門性が高いので、いくら世の中が自動化やハイテク化されても絶対になくならないと思います。だからこそ、一般的に思われている“つらい仕事”というイメージを変え、介護職は楽しい仕事なのだと伝えていきたいですね。
 
矢部 これからの介護の仕事を担う世代に対して、小川代表が求めるのはどのような人材でしょうか?
 
glay-s1top.jpg
小川 この仕事は、1日1時間のアルバイトでも可能で時間も自由に決められます。また、介護の資格がなくてもできる仕事がたくさんあるんですよ。ですから私はその人に合ったスタイルで、さまざまな方に介護を経験していただきたいと考えています。例えば、ひきこもりの子や、罪を犯して刑務所に入った少年たちにも、社会復帰の道筋として介護の現場で汗を流してもらいたいですね。
 
矢部 私には、かつて学校で無視されたり、いじめられたりした経験があります。だからこそ人から話しかけられることで喜びを感じ、生きる意欲が湧く気持ちもよくわかりますよ。ご高齢者とコミュニケーションを取り、「ありがとう」と言ってもらえる介護は本当に素敵なお仕事だと思います。小川代表のご活躍で、良いイメージをますます世の中に広めていただきたいですね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
人とのコミュニケーションを取ることですね。次第に仲良くなり、信頼していただける達成感もあります。それが仕事の楽しみにつながるんですよ。
(小川真由美)
 

:: 事業所情報 ::

訪問介護ステーションきずな

〒350-2211 埼玉県鶴ヶ島市脚折町5-21-2 ソレイユ平野205

ホームページ
http://hp.kaipoke.biz/p5t

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事