B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

楽しい会話でお世話する フレンドリーな訪問介護
訪問介護ステーションきずな 代表 小川真由美

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 矢部みほ(タレント)
矢部 埼玉県鶴ヶ島市の訪問介護ステーションきずなさんにお邪魔しています。まずは小川代表の歩みを教えていただけますか。
 
小川 私は以前、ホームヘルパーの資格を取って住宅型有料老人ホームに勤務している時に、今でも人生の師と仰ぐ施設長と出会いました。その方に教えられたのは「将来、自分が入りたいと思う施設をつくりなさい」いうことだったんです。その後、転職した施設でサービス提供責任者を務めた時も、常にこの言葉を心に持ち続けていました。その施設では訪問介護も経験し、やがて思い切って自らの力で訪問介護を手がけようと決断し、独立しました。
 
矢部 施設長さんの教えを守り、ご自身が理想とする施設を追い求めて形になったのがこのきずなさんなんですね。
 
小川 ええ。現在はご自宅で過ごすご高齢者のために、ホームヘルパーなどのスタッフが定期的に訪問し、食事や排泄などの身体介護、お掃除や料理をおこなう生活援助など、さまざまなサービスをご提供しています。
 
矢部 私の祖母が最期まで自宅で過ごしたいと言っていたのを覚えています。やはり、いつまでも我が家で生活がしたいというのは、高齢者の方の願いなんでしょうか。
 
glay-s1top.jpg
小川 矢部さんがおっしゃるとおり、住み慣れた家で暮らしたいとおっしゃるご高齢者は大勢いらっしゃいますね。
 
矢部 そのような方の生活をサポートなさるのが、小川代表のお仕事というわけですね! それでは、訪問介護ステーションきずなさんならではの取り組みをお聞かせください。
 
小川 当施設では、利用者様一人ひとりに合わせた対応を心がけています。なるべくゆったりと時間を取ってお話をするなど、綿密なコミュニケーションで信頼関係を築いているんです。日常の些細なことでも、楽しく会話をしながらお世話することが私たちの方針なんですよ。
 
矢部 日常的な話し相手となるスタッフさんがいてくれると高齢者のみなさんも嬉しいでしょうね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事