B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

青森の地産・美味を追求
料理で郷土の魅力を発信

 

青森県産食材にこだわり抜いた料理を提供

 
glay-s1top.jpg
杉田 わずか2ヶ月での開業とは、以前にも増して精力的な仕事ぶりですね! 安斎代表のことですから、店内の雰囲気だけでなく料理にも強いこだわりがありそうです。
 
安斎 もちろん、食材はすべて青森県産を使用しています。例えば、お米は「つがるロマン」「青天の霹靂」という、青森ブランド2種類のみ。コクと甘味が際立つ銘柄で、お客様からも好評をいただいています。青森の料理との相性が抜群なんですよ。
 
杉田 お米は多くの種類があるものの、やはり郷土料理に合うのは、その土地で育てられたお米なのでしょうね。青森は寒さが厳しいので二毛作もできないでしょうから、稲にも特別な強さが宿っている印象です。そういった環境でつくられたお米は、なおさらおいしいと思います。人気のメニューはどのようなものがありますか?
 
glay-s1top.jpg ねぶたの飾りや地酒など、青森を感じる空間
ねぶたの飾りや地酒など、青森を感じる空間
安斎 青森の郷土料理の一つ、牛のバラと玉葱を甘辛く炒めた「バラ焼き」はB級グルメの大会で優勝したこともあり人気の一品ですね。当店では、りんごを食べさせて育てた青森県七戸町の十和田産牛を使っています。蜂蜜を配合したタレにじっくり漬け込み、味付けにもリンゴを贅沢に使用しているんです。本場の味を楽しんでいただけますよ。
 
杉田 うわぁ、お話をうかがっているだけでお腹が空いてきて困ります(笑)。
 
安斎 野菜も徹底して青森産にこだわっています。以前からお付き合いのある会社にご協力を仰いで、いつも何かと無理なお願いを聞いていただいているんですよ。また、八戸漁港で水揚げされる魚介類も最高ですね。マグロのお刺身など、お客様から「この料金で本当に良いの?」と驚かれるくらいです。
 
杉田 さすがは安斎代表のお店です!
 
安斎 お客様に喜んでもらうためのお店ですからね。それに、日本酒は十和田市観光協会にご協力いただき、青森の地酒を多数ご用意しました。特に「盛田庄兵衛醸造」の地酒は、関東ではなかなか味わえない逸品ですよ。その他にも、青森でしか購入できない一升瓶入りのりんごジュースや、地ビールなど、青森のものを取りそろえています。