B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

再利用の思いを大切に 真心を込めた遺品買取
エコストーリー 代表 杉野谷祐希

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 杉田かおる(女優)
杉田 遺品整理や生前整理、リサイクル品の買い取りを行っているエコストーリーさん。杉野谷代表は20歳とお若いですよね。どういう経緯でこの業界に入られたのでしょう?
 
杉野谷 高校卒業後、地元の宝石店で働きながら、宝石の鑑定などを勉強していました。祖父が他界したのを機に、祖父の代より40年続くこの会社を引き継ぐことになったのです。現在は、祖父が築き上げた遺品整理の仕事をより広めたいという思いで日々精進しています。
 
杉田 20歳の若さで2代目として事業を承継するには、相当な覚悟が必要だったでしょうね。
 
杉野谷 ええ。ただ、幼い頃から祖父の仕事ぶりを見ており、将来は祖父のような経営者になることが夢だったので事業の承継を決意できました。リサイクルショップを営む両親がいろいろとアドバイスをくれるのも心強かったですね。
 
杉田 ご両親の支えもあったとは言え、初志貫徹されたのは立派ですよ。事業内容もお祖父様の時代から変わらず受け継がれたのですか?
 
杉野谷 祖父が注力した遺品整理はもちろん、最近は、リサイクル品の回収や海外流通にも力を入れています。
 
杉田 幅広く事業を展開されていらっしゃるんですね。リサイクル分野に挑戦しようと思われたのはなぜでしょう。
 
杉野谷 遺品整理の仕事ではゴミが出ることも多く、自身でリサイクルするルートを開拓したのがきっかけです。今では海外への販路がありますので、他社では引き取ってもらえなかった商品もお気軽にご相談してほしいですね。
 
glay-s1top.jpg
杉田 海外への販路も開拓されたなんてすごい! リサイクル分野は今後ますます注目されると思っています。ぜひ頑張ってほしいですよ。
 
杉野谷 ありがとうございます。より多くの方々に、リサイクル事業も行っていると知っていただきたいですね。リサイクルしたい物があっても店舗に持って行く時間が取れないという方もおられるでしょうから、宅配買取として関東地区を中心に出張買取も承っていますよ。
 
杉田 杉野谷代表はお祖父様の思いをしっかりと受け継いでいるだけでなく、ご自身の力で新しい道を開拓されていて素晴らしいですよ。今後のご活躍がますます楽しみです!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
チャレンジを続けることです。達成したらまた新しい目標を立てる。そうして実力をつけて進化していくことが、仕事の楽しみにつながっています。
(杉野谷祐希)
 

:: 事業所情報 ::

エコストーリー

〒143-0011 東京都大田区大森本町2-4-9 ビバハイム108

ホームページ
https://ecostory.jp

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事