B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

グループリビングで 高齢者を元気にしたい
株式会社ハピネスランズ 代表取締役 伊藤敬子

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 杉田かおる(女優)
杉田 不動産事業と、高齢者向け住宅「オーナーズテラス自由が丘」さんを運営する株式会社ハピネスランズさん。施設を出た高齢者の方の帰宅を実現するための取り組みが国土交通省の「人生100年時代を支える住まい環境整備モデル事業」に選ばれたとうかがいました。
 
伊藤 はい。民間の介護施設に入るには多額の費用が必要ですので、入居時にご自宅を売却される方が多いですよね。そうすると、高齢者の方は元気になっても帰る自宅がありません。そこで、当施設にご入居の間に、ご自宅をバリアフリーなどにリフォームして差し上げるんです。また、空き部屋をリフォームしてシェアハウスとして貸し出すと、家賃収入でリフォーム費用がまかなえます。元気になったら、バリアフリーになったご自宅に戻ることもできるし、シェアハウスの家賃収入で当施設に入居し続けることもできます。
 
杉田 素晴らしい取り組みですね! それにしても、こちらのオーナーズテラス自由が丘さんは静かな住宅街にあって、一般住宅のようですね。
 
伊藤 この施設はグループリビングといって、自立を促すために一人ひとりに役割を与え、互いに助け合いながら暮らす施設なんですよ。周りの人に頼られることで自尊心や生きがいを持つことができ、長生きにもつながります。このような施設は、日本に30ヶ所ほどしかないんです。
 
杉田 いいですね。施設の中でも自立を促し、一人の人として尊重することは大切だと思います。
 
glay-s1top.jpg
伊藤代表と従業員の皆さん
伊藤 周りが手を貸し過ぎると、施設に入る前にはできたことができなくなる方も少なくありません。でも、その方が一番得意なことを磨いてあげると、不思議とできることが増えていきます。当施設は、高齢者の方の“得意”を伸ばしつつ、生活のちょっとした部分をお手伝いするんです。それぞれの部屋には認知症予防の工夫が凝らされているんですよ。各室にお手洗いもあり、インテリアにそれぞれ異なる色を取り入れて個性を出しました。自室でプライバシーも守られ、誰かと話したいときは共有スペースをご利用いただけます。
 
杉田 確かにインテリアが素敵で、私も住みたいくらいですよ(笑)。お話をうかがっていると、こちらは高齢者の方が元気なるための場所なのだなと感じました。高齢者の方が増えていく中、世の中を少しでもよくする取り組みを続けてください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
自分を信頼してくれる楽しい仲間と、世の中を少しでもよくする仕事に取り組み続けることですね。
(伊藤敬子)
 

:: 企業情報 ::

株式会社ハピネスランズ

〒152-0034 東京都目黒区緑が丘2-3-1

ホームページ
https://hapilan.co.jp

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事