B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

デンタルIQを高める 地域の歯科クリニック
ウガワ歯科クリニック 院長 鵜川祐樹

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 日本歯周病学会認定医としての資格をお持ちだという、ウガワ歯科クリニックの鵜川院長にお話をうかがいます。開業までにどちらかの医院で修業されていたのでしょうか。
 
鵜川 はい。岡山大学大学院にて研修医として勤めたのちに、丸亀市にて開業していた先輩の医院で5年ほど経験を積ませてもらいました。大学時代は、歯周病態学分野を勉強していたため、今でも日本歯周病学会・日本歯科保存学会・日本口腔インプラント学会などに所属し、勉強会に参加していますよ。
 
八木 それはすごいですね。もともと歯科医師としての道を目指されていたんですか?
 
鵜川 ええ。もともと親戚に歯科医師がいて、私の父親も歯科医師にならないかと誘われたと聞いています。ただ、当時は別の道に進んだそうで・・・。父はずっと歯科医師としての道を選ばなかったことを後悔していたらしく、その思いを託された次第です。
 
八木 なるほど、野球漫画にありそうなシチュエーションですね(笑)。しかし、地域で開業するのと大学病院に勤めるのとでは患者さんの求めるものが違いそうです。
 
鵜川 そうですね。大学病院にいたときには、患者様も「歯周病になっていないか気になるから」とおっしゃるなど、予防のためにも歯医者に通おうという意識の高い方がほとんどでした。しかし、この辺りの地域ではまだまだそういった意識を持って歯医者に通われる方が少ないのが現状です。
 
glay-s1top.jpg
八木 最近は一般の人でも“歯”に対する意識が高まってきていると感じます。とは言え、実際に歯医者に通う人はまだ少ないでしょうね。どうしても歯医者というと「歯が痛くなってから行こう」と思ってしまいがちです。でも、本来はそれでは遅いんですよね。
 
鵜川 そうなんですよね。特に、歯周病の場合、一度症状が出てしまうと完治が難しいんです。糖尿病と同じように、その症状と一生向き合って過ごしていくしかない。だからこそ、幼い頃から定期的に歯医者に通うことを習慣化してもらいたいんです。そして、そのためには、まず通われるお子さんの親御様に歯医者の重要性を理解してもらうことが大事だと思っています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事