B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

唯一無二の株式投資法
人生はクレージーな冒険

 

327ヶ国制覇して、子どもに夢を与える

 
glay-s1top.jpg
これまで訪れたのは131ヶ国。挑戦はまだまだ続く
これまで訪れたのは131ヶ国。挑戦はまだまだ続く
八木 全国の受講者のもとへ出向くための身軽なフットワークを保つのに、車中泊生活はぴったりかもしれません。岡崎さんには合理的な生活なのだとわかりました。
 
岡崎 著名なベンチャー企業の社長などもホテル暮らしの人がいらっしゃるので、人によってはこのスタイルが適しているのでしょうね。
 
八木 ところで、ホームページのトップ画面を拝見すると「327カ国制覇へ」と掲げておられますよね。世界の国の数は200ほどだと認識しています。これはどういった意味なのでしょう?
 
岡崎 社会科の教科書に載っている国は、国連加盟国数の193ヶ国でしょう。しかし、例えば、旧ソ連の地域では「○○自治共和国」というエリアが30くらいあります。世界制覇を193ヶ国と教科書通りに掲げるより、常識の斜め上をいく旗を掲げたほうが子どもに夢を与えられるのではと思い、327ヶ国としました。
 
八木 確かにインパクトもあるし、子どもも興味を抱くでしょうね。今までに何ヶ国くらい回ったのですか?
 
岡崎 これまで131ヶ国を巡りました。最近はカタールで世界陸上を観ましたよ! 観光だけでなく、その国の経済や産業、地域性、国民の傾向など体感してきました。
 
八木 憧れる人生ですね。ほかにも、今後の目標があればお聞かせください。
 
glay-s1top.jpg
岡崎 アスリートのセカンドキャリアに興味を持っています。お金に余裕があれば、もっと違うその後の人生を送れますからね。私はコンサルタントでもあるので、皆さんに株式や為替の自動売買システムをお伝えし、それを活用して資産をうまく運用し、その後の人生をどのように充実させていくのかのサポートに携われたら嬉しいです。どんな分野でも投資家の分析力が活かされる時代になってきたので、別け隔てなく挑戦し続けたいですね。加えて、過去に南極100㎞マラソンに出場したこともあるので、これからも過酷な挑戦も続けたいです。
 
八木 自らを「冒険投資家」と呼称するわけがよくわかりました。「自主性・積極性・好奇心」など、どれをとっても素晴らしいですね! 我々が生きるこの世界の、その先の次のステージで生きているという印象で、私が初めて出会ったタイプの方だと感じました。今日はとても勉強になりました!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
「仕事を楽しむ」という発想を飛び越えて、自分の生きている意味として、投資をやっていますね。
(岡崎健一)
 
 :: 事業所概要 :: 
  ■ 事業所名 オカケン
■ 事業内容 投資法講習会・セミナー開催
■ ホームページ https://okaken-freedom.com
■ フェイスブック https://www.facebook.com/kenichi.okazaki.5
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事