B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

誠実さと軽快さを活かす
完全紹介制の不動産会社

 

厚い信頼関係のうえで成り立つ完全紹介制

 
glay-s1top.jpg
狩野 前職の不動産会社で、不動産に関する多くの経験を積んだわけですね。独立なさった理由はなんだったんでしょう?
 
福田 ちょうど40歳を迎えたとき、私はこれまでに得た不動産業のノウハウを活かして、自分の力でどこまでできるのかを試したくなったんです。ただ、入社以来とてもお世話になり、育ててもらった会社に対して、恩を仇で返したくありませんでした。それに「別の仕事に転職する」と嘘をついて辞めるのも嫌でした。そこで、「自ら不動産会社を起業したい」という気持ちを、当時の会社のトップに正直に伝えたんです。時間はかかったものの、最後には認めてくださり、円満に退職することができました。
 
狩野 正直な気持ちを包み隠さず打ち明けた、福田社長の誠実さが伝わったんでしょうね。ところで、どうして社名がモンキーなのか気になります。
 
福田 実は、前職の会社のイメージキャラクターがお猿さんだったんですよ。そこで弊社も、お世話になった会社への感謝の意味を込め「モンキー」という社名にしたんです。また、この名前は、猿のように活発に動き回るという意気込みも表しています。
 
狩野 不動産に関する数多くの知識を持った福田社長が、軽快なフットワークでお客さんを案内する様子が目に浮かびますよ。そういえば、先ほど完全紹介制とおっしゃっていましたよね。なぜそのような制度にしようと思われたんですか?
 
福田 私は前職で約15年勤め、3000件以上のご契約をいただいてきました。その中で、ありがたいことに、長くお付き合いいただいているお客様からのリピートや別のお客様をご紹介していただくケースがとても多かったんですよ。その信用と実績があれば、完全紹介制でもやっていけると自信を持って判断し、事業に取り入れました。
 
狩野 なるほど。お客さんとの厚い信頼関係が築けているからこそなんですね。それでは完全紹介制の利点や特長を教えてください。
 
glay-s1top.jpg
福田 完全紹介制であれば、不特定多数のお客様に対応するよりも、一人ひとりに時間をかけて対応することができます。私は、できる限りお客様のご希望やご要望を汲み取り、条件に合う物件を何件でもご提案します。そして、現地へ一緒に行って丁寧に説明するなど、親密なお付き合いを心がけています。特に不動産は大きな買い物ですからね。お客様がご納得いく物件が見つかるまで、私は2ヶ月でも3ヶ月でも時間をかけてサポートいたします。
 
狩野 それはありがたいスタイルですね! 福田社長のお話をお聞きしていると、お客さんは福田社長ご自身の誠実な人柄に惹かれていると感じますよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事