B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

不調を改善し予防する 理学療法士のインソール
SHUTTO合同会社 代表社員 井上貴央 兼松章夫

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球解説者)
狩野 2019年5月に開業された、大阪市北区天神橋のSHUTTO(シュット)合同会社さん。御社は兼松代表と井上代表が営む、靴修理&オーダーメイドインソール作製専門店で、お二人とも理学療法士の資格を持っておられるそうですね。
 
兼松 はい。井上は大学の同級生で、卒業後は互いに病院に就職し、約9年間、院内や訪問先でリハビリのサポートを行ってきました。その経験から、予防の必要性を強く感じるようになり、フットケアトレーナーの資格取得後に弊社を立ち上げたのです。
 
狩野 お二人がなぜインソールに目を向けられたのか気になりますね。
 
井上 身体の怪我や病気の予防の一つとして、歩き方が重要であると考えたからです。靴底の減り方を見れば、どんな姿勢で歩いているのかがわかります。バランスが悪いと、腰など身体に影響が出ますので、インソールでそれを未然に防ぐんです。
 
狩野 僕も現役時代、インソールを活用していたのでよくわかります。人それぞれ左右の足の形も違いますから、インソールもオーダーメイドが望ましいですよね。やはり、お客さんはアスリートが多いですか?
 
兼松 スポーツをされている方以外にも、外反母趾や、膝や腰、足に痛みを感じているなど、さまざまな方が来店されます。店では足裏採寸と歩行の特徴を調べ、目的に合ったインソールをつくり上げるほか、靴の修理や補正、中張の交換等も行っていますよ。
 
狩野 完成したインソールを拝見すると、緻密に調整されていることがわかります。デザインもおしゃれな革製のものもあり、魅力的ですね。
 
井上 ありがとうございます。スニーカーだけでなく革靴やパンプスにも対応できますよ。現在一律2万円でお引き受けしているんです。
 
glay-s1top.jpg
狩野 一つつくれば、手持ちの靴すべてに使えますし、使用することで健康維持や、長年の苦痛から解放されるなら決して高くない値段だと思います。
 
兼松 ご注文後、半年間の調整については費用がかかりませんし、靴修理をされた方に歩き方アドバイスをさせていただく「SHUTTO EYE」も無料で行っていますので、この機会に利用してくださると嬉しいです。
 
狩野 やはり身体を支える足は大事です。何より、理学療法士として長年現場に携わってきたお二人が作製するインソールは最高のケアにつながると思います。今後は、スポーツ業界にも参入していただきたいですし、一般の方にも大いに利用してほしいですね。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
仕事で壁に阻まれたときに諦めるのではなく、どうすれば乗り越えられるか考えて取り組むと、気付いたら次のステップに進んでいるんです。現状できることは何なのか常に考えてることが、仕事の楽しみとなっています。
(井上貴央)
失敗を恐れないことです。私にとって失敗は成長する過程。常にチャレンジを続けることが仕事の楽しみにつながっています。
(兼松章夫)
 

:: 企業情報 ::

SHUTTO合同会社

〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋1-5-19-1F

ホームページ
https://shutto-insole.co.jp

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事