B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

全国の食卓に明石鯛が 上がる日をめざして
八蔵水産/吉市水産有限会社 代表取締役 竹野望

 
プロフィール 兵庫県出身。高校卒業後、明石市公設地方卸売市場に就職。3年間の修業を経て、昭和以前から続く老舗仲卸会社、吉市水産(有)に入社した。2016年2月に4代目、代表取締役に就任。家族経営が多い業界では異例となる事業承継だった。以後は、灰干し製法で加工した明石鯛のインターネット販売など、販路を拡大。「明石鯛の灰干し」は、「五つ星ひょうご」や明石市ふるさと納税返礼品にも選定されている。【ホームページ
 
 
 
明石鯛ならではのジューシーな旨味に、ふっくらとした食感、締まりのある歯ごたえを味わえるとして人気の、「明石鯛の灰干し」。鹿の瀬産天然鯛を、乾燥というより熟成に近い製法「灰干し」で干物にした逸品である。その商品を製造、販売するのが、老舗仲卸会社・吉市水産有限会社が運営する八蔵水産だ。兵庫県明石市を舞台に、今日も会社の陣頭に立って奮闘する竹野望代表取締役。国内でも珍しい昼競りにも密着して話を聞いた。
 
 
 

地域ブランド認定の明石鯛の加工品

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則(元ボクシング世界王者)
畑山 明石市公設地方卸売市場の水産卸売専門店、吉市水産有限会社さん。B-plusへの登場が3回目となる今回は、全国でも珍しい昼競りに同行させていただきます。そのお話の前にまず、御社の概要を教えてください。
 
竹野 吉市水産は、昭和以前から明石市で代々続いてきた老舗仲卸会社です。瀬戸内海で水揚げした魚介類を小売店や飲食店に卸しています。近年は、加工商品の販売やインターネット販売を行う八蔵水産も運営しています。
 
畑山 仲卸と小売りの2つを手がけているんですね。一消費者としては、八蔵水産さんの事業が気になりますね。目玉商品は何でしょうか?
 
竹野 灰干し加工を施した天然の明石鯛です。摂津、播磨、但馬、丹波、淡路のひょうご五国の自然や文化を活かして創意工夫された逸品にのみ与えられる「五つ星ひょうご」も獲得した、弊社自慢の品です。また、明石市ふるさと納税返礼品にも選定されています。
 
畑山 地域ブランドとして、自治体からも認められているんですね。それだけ価値のある商品なら、ギフトにしても喜ばれそうだ!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事