B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

道路工事の申請はお任せ
図面も描ける行政書士!

 

顧客が求める以上の成果を提供

 
glay-s1top.jpg
川村 道路工事は現場の安全だけでなく、周囲への気配りも欠かせませんよね。
 
岡田 おっしゃるとおりです。交通量の多い道路などでは、昼間は混雑してしまうので、基本的に夜間に工事を行うんです。しかし、夜間の工事では騒音問題なども発生します。たとえ騒音を抑えられたとしても、照明がまぶしいと言う住民の方もいらっしゃるんですよ。そのような工事でもなんとかして折り合いをつけられるよう、時には自分自身の目で現場を確認します。そして、周囲の住環境への影響を最小限にとどめるよう、考え抜いた設計をすることが私のモットーです。
 
川村 その姿勢は素晴らしいですね。でも、どうして岡田代表はそこまで建設会社や住民のために頑張ることができるのでしょう。
 
岡田 お客様が望んだもの以上に、ご満足いただきたいからでしょうか。道路工事は、事故やトラブルを起こさないよう、決められた期間内でしっかりと終わらせなければなりません。つまり、手順に無理がなく、効率の良い設計をしなければならないんです。そのために私は、お客様ご自身も気付いていない潜在的なご要望までをも読み取れるよう、常に丁寧な業務を心がけています。
 
川村 建設会社が依頼した以上の成果をお返しする。それが、岡田代表の揺るぎない方針というわけですね。
 
glay-s1top.jpg
岡田 そうですね。中には、申請の期限ギリギリまでご自身で図面や書類をまとめようとしたものの、どうしても無理だとご相談に見える建設会社さんも少なくありません。そのような場合でも、私は締め切りまでにすみやかに書類をまとめて申請するんです。急を要するご依頼でもお断りせず、私自身も工事にかかわっているんだという意識で、責任持って対応しています。
 
川村 お客さんにとってはものすごくありがたいですよね。だからこそ岡田代表は、お客さんからの厚い信頼を得られるんじゃないかなと思いますよ。
 
岡田 ありがとうございます。私の仕事に対する気持ちがお客様にも伝わり、その成果に喜んでいただけると、私自身も大きなやりがいを感じますね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事