B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

発想力と行動力を武器に
挑戦し続ける建設会社

 

人材の強みを活かして事業を展開

 
glay-s1top.jpg
石黒 それにしても、最初は建設だけの予定が運営も行うことになるとは、なかなか珍しいケースだと思います。新事業への取り組みが活発になった理由についても、ぜひお聞かせください。
 
伊佐 弊社の人材の増加が大きな理由ですね。2016年頃までは全社員15~16名だったのが、現在では東京支店を含め、計48名になったんですよ。ちなみに、本社では建設など従来の事業を、東京支店では主に新事業を担当しています。
 
石黒 わずか2年で社員が3倍に増えるとは、すごいです!
 
伊佐 ありがたいことに、入社してくれた社員のほとんどがご縁によるものなんです。もともと社員の知り合いの設計士やデベロッパーであったり、事務所や土地を紹介してくれた方であったりと、本当にさまざまで(笑)。「うちの旦那を雇って」と言うので、企業の部門ごとM&Aしたこともありましたね。
 
石黒 なかなかに波乱万丈な人材の集まり方ですね(笑)。
 
伊佐 おかげさまで、「こんな仕事がしたい!」と思って入社してくれる方ばかりなので、事業の幅が自然と広がるんです。私としてはとても嬉しいですね。
 
石黒 事業に合わせた雇用ではなく、加入した人材の強みを活かして事業を展開していくわけですか。
 
glay-s1top.jpg
伊佐 ええ。「とりあえずやってみよう」の精神ですね。社員が目を輝かせて用意してきた企画は、たとえ未知の事業であっても、GOサインを出すんです。もちろん経営者として手綱はしっかりと握っています。しかし、本人の可能性や、やる気を潰すことはしません。もし失敗したとしても、いきなり最初から成功するほうが珍しいと思いますし、また機会を見て再チャレンジさせるつもりなんですよ。
 
石黒 まったく未知のビジネスでもGOサインを出せるなんて、なかなかできることじゃありませんよ! なんだか、つんく♂さんを思い出しますね。つんく♂さんも、何でもやってみるタイプの方なんです。
 
伊佐 確かに、モーニング娘。自体が、それまでにない新しいタイプのアイドルでしたからね。
 
石黒 ええ。メンバーのアイデアもどんどん採用してくれて、失敗してもフォローをしっかりとしてくださる方でした。そういう存在がいるからこそ、私たちも頑張れたんです。それと同じような環境がつくられているのが、伊佐社長を中心とした伊佐建設さんの大きな強みである気がしますね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事