B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

今と未来の生活に安心を
頼れるお金の総合相談所

 

今のお金と生活を守ることを第一に

 
glay-s1top.jpg
川村 現在の事業内容を簡単に教えていただけますか?
 
山越 法人向けと個人向けの財務コンサルティングが主な業務です。保険や相続、税金対策だけではなく、総合的な財務状況改善に向けたサポートをしています。
 
川村 コンサルティングの際に心がけていることは何でしょう?
 
山越 ヒアリングに時間をかけて潜在的なニーズを掘り起こし、根本からの問題解決を行うことですね。業務に対する私の基本的な姿勢は「今のお金と生活を守りましょう」というものです。ですから、法人の方なら社長やそのご家族、従業員の皆さんの生活、個人の方ならご本人やご家族の生活を、不測の事態があっても守れるような準備対策に力を入れます。
 
川村 今という瞬間だけでなく、10年後、20年後という先を見据えてプランニングしてくれるのですね。
 
山越 そうですね。例えば個人のお客様がマイホームを購入なさるときは、銀行へローンの相談に行くでしょう? 審査の結果、限度額が5000万円だと判定されると、多くの人は「自分は5000万円を借りられるのか」と思いますよね。
 
川村 銀行が審査したのだからそう思うでしょうね。
 
山越 でもその結果は、その人の“今”を審査したもの。返済途中でご主人が倒れてしまったり、収入が下がってしまったりしたら、どうするかまでは考えられていないんです。実は“借りられる”ことと“返せる”かどうかは、別の問題なんですよ。
 
川村 言われてみればおっしゃるとおりですね。そこは分けて考える必要がありそうです。
 
山越 特に、人口減少に伴う税収減で、社会保障の質の低下が予想されるこれからの時代は、お金の知識の有無で、生活状況に大きな差が出ると思います。ただ、どうも多くの人は、お金の重要性を理解しつつも、お金の話から遠ざかろうとする性質があるようです。FPとしてセミナー講師を務めるときに、参加者の方々から、それをよく感じるんですよ。
 
川村 そもそもお金の相談を第三者にすることに、抵抗がある人も多いでしょうからね。
 
glay-s1top.jpg
山越 しかし、第三者が間に入るからこそ本人同士が面と向かって言いにくいことも、くみ取ることができます。例えば、お小遣いを減らしたい奥さんと、減らされたくない旦那さんの間に入り、家計の収支改善を行うこともありますからね(笑)。
 
川村 そういう依頼もOKなんだ! お互いにしこりを残さず問題解決できれば、夫婦仲も円満になりますね。
 
山越 今の生活を末永く維持できるようにすることが、私の仕事ですからね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事