B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

顧客のニーズを形にする ワンストップの家具制作
株式会社ピースクラフト 代表取締役 猿渡準

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則(元ボクシング世界王者)
畑山 大阪市の株式会社ピースクラフトさんは、受注生産で家具・建具を制作しているそうですね。
 
猿渡 はい。医療施設の受付カウンターや教育施設の下駄箱、収納棚など一般の家具とは少し異なるものを手がけています。しかも、デザインから見積もり、図面作成に完成品の搬入・設置に至るまで、一括して請け負っていまして。私は20年以上この業界で働き、制作、現場管理、営業のすべてを経験してきました。その経験を活かし、工務店さんなどからの依頼を職人さんに発注し、制作から設置にいたるすべての過程を管理しているんです。
 
畑山 ご自身で制作もできるうえ、現場管理経験がある方は珍しいのでは?
 
猿渡 そうですね。制作・現場管理、営業のすべてを経験している人は少ないと思います。
 
畑山 とても貴重な存在ですね! 営業担当と現場の管理者が別々だとイメージの共有がしっかりできず、完成品にズレが出ることもあると思います。窓口一つで最後まで担当してもらえれば、お客さんも安心でしょうね。
 
猿渡 弊社のような中小企業は大手ほど営業力がないので、その分、違った能力が必要だと思っています。その中で、ワンストップで対応できることは、強みと考えていますね。
 
畑山 お客さんのニーズを満たすために心がけていることはありますか?
 
猿渡 ニーズはお客様によって違いますので、図面だけでイメージが伝わりにくいときには、スケッチを準備するなど完成品のイメージを共有できるように努めています。予算内に収まるよう、材料の変更を提案することもありますよ。
 
畑山 豊富な経験を活かしてサポートしてくれるのは、本当に心強いですよ。
 
猿渡 ありがとうございます。私はもともと、自分でデザインして制作した家具を売りたいという思いがあって、この仕事を始めました。ですから今後は、そうしたオリジナル家具をインターネットで販売してみたいです。量販店の商品と比べて価格は割高になるかもしれませんが、お客様のニーズと、生活に寄り添うオンリーワンの家具を提供していきたいですね。
 
glay-s1top.jpg
畑山 2~3年くらい使えればいいので、安いほうがいいと考える方もいます。それに対して、長く使えるオーダーメイドの家具が欲しいと考えているお客さんもいるはずですから、需要はあるでしょうね。
 
猿渡 はい。こだわりを持つ方たちの期待に応えるものをつくっていきたいです!
 
畑山 期待していますので、頑張ってくださいね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
「嫌々やるよりも、笑顔で取り組め」と前職でお世話になった上司から言われました。今でも、本当にそのとおりだなと思います。ですから、「やるからには楽しんでやる」と心がけて、実際に楽しんでいます。
(猿渡準)
 

:: 企業情報 ::

株式会社ピースクラフト

〒536-0013 大阪府大阪市城東区鴨野東1-8-20-02棟

ホームページ
http://piece-craft.com

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事