B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

ゲームデザイナーが描く
キャラクターの人生模様

 
 
glay-s1top.jpg
杉田 日常生活の中にもアイデアのヒントが隠れているんですね。そういえば、奥様もデザイナーさんだとか。
 
OKN はい。相撲をテーマとした企画展「大相撲展 Oh!SUMO EXHIBITION」では、妻と2人でグッズのビジュアルやパネルを制作しました。「ごっつぁんです」と「ワン」をかけて、『ごっつワン』という犬にも力士にも見えるキャラクターを提案したところ、いつの間にか公式キャラクターになっていました。
 
杉田 ネーミングもユニーク! リアルな力士より、ワンちゃん風のキャラクターがデザインされたグッズのほうが、どんな世代の方も親しみがわきそうです。
 
OKN その点を意識しました。もともと、女性に訴求するようなキャラクターづくりのノウハウには自信があります。あとは、どんなデザインにすれば今までなかった顧客層をつくれるか、またおもしろく普及できるかについても、こだわって考えています。
 
杉田 最近は、地方自治体のゆるキャラを活用した町興しも盛んですよね。キャラクターづくりとは、イメージを具現化して命を吹き込む魅力的なお仕事だと感じます。
 
glay-s1top.jpg
OKN 実は、「キャラクタービジネスをやりたいから、何かキャラクター商品をつくってください」と依頼されることもあるんです。でも、私は、キャラクターはコンテンツありきだと考えています。ゲームや絵本・アニメの世界に入り込むことで、キャラクターに共感し、だからこそグッズが欲しくなるのではないでしょうか。
 
杉田 つまり、バックボーンやストーリーをつくり上げてこそのキャラクターだと。確かに、長く愛されているキャラクターには、その人生が見えるような気がしますよね。実は、私が7歳のときに演じた『パパと呼ばないで』の「チー坊」も、監督さんたちが設定を細かくつくってくださいました。おかげで役づくりしやすかったので、そのお考えにとても共感します。今後のご活躍も、楽しみです。
 
OKN ありがとうございます。今は国内だけの仕事に留まっているので、例えば海外の人も楽しめるようなコンテンツに携わるなど、今後はもっとグローバルに事業を展開していきたいですね。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
「商いは飽きないでやる」なんて言いますよね。飽きずに一生懸命やっていたら、周りの人が自然と笑顔になっていた。そんな状態を保つことこそ、仕事を楽しむことなのでしょうね。
(OKN)
 

:: 企業情報 ::

株式会社Studio Okanotion

〒220-0071 神奈川県横浜市西区浅間台125-5-401

ホームページ
http://www.okanotion.com

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事