B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

厳選したワインを食卓に
ヨーロッパの希少銘柄も

 

いつかギャラリー&ワインバーを開くのが夢

 
glay-s1top.jpg
タージン 現在ショップに出されているワインは、どちらでつくられたものが多いのでしょう?
 
川濱 フランス産を中心に、スイス産もいくつかそろえています。先日、テレビの旅番組を見ていると、アルプスやレマン湖地方の街が紹介されていまして。レポーターさんがスイスの白ワインを「珍しい!」と言って紹介していました。y-wineのホームページを見ていただければいつでもあるのに、と思いましたね(笑)。
 
タージン 御社では、日本で探すのが難しいものも扱っているのでしょうか。
 
川濱 はい。このラボー地区のワイナリーから仕入れたスイスワインは、なかなか飲めないと思いますよ。大手のお店だと1つの銘柄を大量に輸入しています。YAWATAYAはそうした大量輸入の対象にならない希少なワインを、お手ごろなお値段で提供しているんです。珍しさを狙っているのではなく、私が飲んでおいしいと感じたものなので、ぜひ試してみていただきたいですね。
 
タージン すべて産地を訪れてご自身でテイスティングされているんでしょうか?
 
川濱 ええ、全部行きました。実際に飲んでみて、違うと感じたら購入は丁重にお断りしています。逆においしいとごっそり買って帰りますよ。その量に、友人にはよく呆れられています(笑)。
 
タージン ワイナリーを実際に見るのと見ないのとでは、やはり印象は変わりますか?
 
glay-s1top.jpg
川濱 そうですね。防腐剤や農薬を使わないビオ栽培のワイン畑に行くと、普通の畑と根本から別物なのがわかりますし、ステンレスタンクなのかどうか、どの木の樽でつくるのかでも味がちょっとずつ違ってきます。オーナーさんにさまざまなヒアリングをしながら飲み比べをして、「これだ」と思う1本と出合う瞬間が何より楽しいです。
 
タージン お仕事を楽しまれている様子が、よく伝わってきますよ。最後に、今後の目標を教えてください。
 
川濱 まだ広く知られていない、おいしいワインをお届けするのが世のため、人のためだと思って仕事に取り組んでいます。今後はワイングッズの取り扱いや、ギャラリー兼ワインバーの展開も考えているんですよ。渡会さんの作品はもちろん、他の作家さんとも出会いたいですね。
 
タージン 川濱社長は“好きこそものの上手なれ”を体現されているような方で、聞いている私までワインや版画の魅力に引き込まれました。YAWATAYAさんの今後に期待しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
仕事=ビジネスだという意識はあまり持っていません。好きなことに取り組んで、その結果、誰かが喜んでくれると嬉しいですね。
(川濱隆司)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 株式会社YAWATAYA
■ 本社 〒536-0024 大阪府大阪市城東区中浜1-14-10
■ 事業内容 ワインの輸入販売/版画作品の紹介・通販
■ 設立 平成29年3月
■ 従業員数 2名
■ ホームページ http://www.y-wine.jp
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事