B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

丁寧・安全・確実が旗印
精密機器の搬入はお任せ

 

常に笑顔でコミュニケーションを取る社風

 
glay-s1top.jpg
吉井 ポリッシュさんは、どのような体制で事業に取り組んでいらっしゃるのでしょう。
 
井上 弊社はパソコンを専門に扱う「ICTソリューション部」、半導体製造装置など重量物を搬入する「特殊重量部」、組み立てや配線を手がける「エンジニア部」から成り立っています。求められるスキルは多種多様です。私も、以前は現場に出てパソコンや重量物の搬入をしていたんですよ。
 
吉井 なるほど。高い技術を持つことと丁寧な搬入をすることのほかに、井上社長が、スタッフさんの育成で心がけていることはありますか。
 
井上 それは「ありがとう」「すみません」という言葉を使うなど、当たり前のことを当たり前に行い、基本的なモラル・マナーを守ってもらうことですね。今は、その当たり前のことができない大人も増えています。私は弊社のスタッフを、どこへ行っても通用する一人前の人材に育てたいと考えているんです。
 
吉井 とても人間力が高く、温かい社風がイメージできますよ!
 
glay-s1top.jpg
井上 ありがとうございます。「精密機器の搬入が仕事」と言うと、堅い仕事だと思われがちです。しかし弊社は、アットホームな雰囲気が特長なんですよ。いくら仕事のIT化が進んでも、最後に大切なのは人と人とのふれあい。弊社は社内でも現場でも、常に笑顔で明るくコミュニケーションを取る社風が一番の強みになっています。
 
吉井 スタッフの方々にとって、働きやすい環境でしょうね。そういえば、ポリッシュさんがオフィスの引っ越し業務をやめ、精密機器の搬入に特化した理由を教えていただけますか。
 
井上 引っ越し業はライバルも多く、将来に可能性を感じられなかったからです。そこで私が代表に就任後、思い切って全社員と事業内容について相談しまして。その結果、全員が魅力を感じていた精密機器サービス業に一本化することを決めました。もちろん、引っ越し業の売り上げがなくなるのは怖かったですが、もやもやした気持ちを抱えながら働くことはできませんからね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事