B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

丁寧・安全・確実が旗印
精密機器の搬入はお任せ

 

安全第一で丁寧・確実な搬入を徹底する

 
glay-s1top.jpg
吉井 その挑戦を続ける日々は、充実感でいっぱいでしょうね。
 
井上 はい。苦手だと思い込んでいたことが逆に得意だと気付くなど、毎日が新しい発見の連続ですね。それは私だけではありません。弊社には2019年現在、10名の正社員と15名のアルバイトが在籍しており、誰もが日々の成長を実感しているんです。
 
吉井 それは素晴らしい。スタッフは、どういった方々なのでしょう。
 
井上 弊社のスタッフは個性的な人間ばかりです。入社するときは頼りなさそうで「大丈夫かな」と心配になる人もいたのですが、しばらくすると顔つきまで立派に変わっていくんですよ。ちなみにポリッシュという社名には、「仕事を通じて自分を磨きあげる」という意味を込めています。
 
吉井 世の中には、やってみないとわからないことがたくさんあります。井上社長やスタッフのみなさんは、常にチャレンジすることで新しい自分を発見し続けているんですね! それではあらためて、ポリッシュさんの事業内容を教えてください。
 
井上 弊社はパソコンをはじめとしたOA機器やサーバー、半導体製造装置、医療機器など精密機器の搬入・設置・組み立て・配線を手がける会社です。お客様は企業や学校、病院、官公庁が中心ですね。大規模な現場だと、協力会社のスタッフも含め60人ほどで作業することもあるんですよ。この業態を表す言葉がなかったので、私は「精密機器サービス業」と名付けました。
 
glay-s1top.jpg
吉井 私も、精密機器の搬入や設置を専門にする会社があると初めて知りました。そういう機械は、とても重いものが多いのではないでしょうか。
 
井上 はい。例えばサーバーは、ラックを含めると1本で1tを超えることもあるんですよ。ですから搬入にはとても気を遣います。そのために力を入れているのが、安全第一で仕事に取り組める優れた人材の育成です。弊社は作業スピードより丁寧・確実な搬入を心がけ、スタッフにもその意識を徹底的に刷り込んでいます。
 
吉井 ものを運ぶお仕事は、何よりも速さを重視するイメージがあります。しかしポリッシュさんは、まったく異なる思想をお持ちなんですね。私は以前、通信販売で注文した全身鏡が届いたら割れていた経験があるんですよ。いくら到着が早くても、商品が壊れていたら意味がありません。そのときに、最も大切なのは丁寧な作業をしていただくことだと実感しました。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事