B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

丁寧・安全・確実が旗印 精密機器の搬入はお任せ
株式会社ポリッシュ 代表取締役 井上研二

 
プロフィール 栃木県出身。高校卒業後は美容師を目指し美容学校に進学。無事に卒業するも、人生経験を積むために、アパレルショップや看板設置会社に就職した。その後、念願の美容師に。2年間働いた後に、腰痛が原因で退職。看板設置業に戻ると同時に、派遣でアルバイトを始める。その後、派遣会社である(株)プレンティーアップに正社員として入社。2016年に(株)ポリッシュの代表に就任した。【ホームページ
 
 
 
パソコンなどのOA機器やサーバー、医療機器、半導体製造装置など精密機器の搬入・設置・組み立て・配線を専門に手がける会社。それが神奈川県川崎市に拠点を置く株式会社ポリッシュだ。代表取締役の井上研二氏は「スピードより丁寧・安全・確実」をモットーに事業を指揮。どんなことでも話し合うアットホームな社風で同社を躍進させている。「日本一、信頼される会社」を目指す井上社長の斬新な取り組みに迫った。
 
 
 

日々の成長を実感できる精密機器搬入設置業

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 吉井怜(女優)
吉井 川崎市を拠点に、精密機器の搬入設置という専門的な事業を展開するポリッシュさん。業務内容について詳しくお聞きする前に、井上社長の歩みを教えていただけますか。
 
井上 はい。私は栃木県出身で、高校卒業後は、美容師を目指し美容学校に進学しました。無事に資格を取り卒業したものの、最初は人生経験を積むために、あえて自分が向いていない職業に就こうと考えまして。選んだのはアパレルショップスタッフと看板設置会社の社員です。その後、念願の美容師になったのですが、腰痛が悪化して2年で退職することになってしまいました。
 
吉井 せっかく資格まで取ったのに残念でしたね。そこから、どのように人生の巻き返しを図ったのでしょうか。
 
井上 看板設置業に戻りました。それと同時に、弊社のグループ会社である人材派遣会社・株式会社プレンティーアップに登録し派遣でアルバイトをしました。その後、正社員として同社へ入社することになったんです。もともと弊社はプレンティーアップの一事業部として、オフィスの引っ越しや精密機器の搬入設置サービスを手がけていました。その事業が軌道に乗り2014年に法人化しまして。そして、2016年に私が代表へ就任したんです。
 
吉井 もともと井上社長は、経営者になりたいという願望をお持ちだったのでしょうか。
 
井上 まったくありませんでしたね(笑)。自分では、参謀として二番手にいるのが似合う性格だと思っていました。ただ実際にこの立場になってみると、どうも参謀ではなく、周囲に担がれて真価を発揮するタイプだと実感したんです。代表就任には不安もありましたが、チャレンジ精神は旺盛だったので「やってみなければわからない」「ダメなら責任を取ればいい!」と覚悟を決めて挑戦することにしました。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事