B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

自然由来の植物発酵液で
人の体も、土壌も健康に

 

酵素の力で健康改善が期待できる

 
glay-s1top.jpg
川上 やはり、和菓子にあんこは欠かせませんよね。そのあんこをおいしくするために、天野会長はどうなさったんでしょうか?
 
天野 あんこの原料である小豆の風味向上を目指し、酵素液を使って小豆の生育を良くしようと北海道へ行ったんです。そして何軒もの農家さんをまわって、酵素液の使用に協力してもらえるよう頼みました。しかし、ほとんど相手にされませんでした。それでも粘り強く交渉しているうちに、ようやく帯広にある小豆の集荷業者さんが酵素液を使ってくださることになったんです。そして、たい肥に酵素液を混ぜて畑に散布したところ、土の中の微生物が繁殖して、とても良い土壌になり、元気な小豆が育つようになったんですよ。それから私は、この酵素液の力をもっと世の中に知ってもらいたいと考えるようになりました。
 
川上 なるほど。それが現在のお仕事に結びついているわけですね。
 
天野 はい。1970年代初頭から酵素液を販売する事業を本格的に開始し、1991年には株式会社を設立しました。その後、新たに食用として開発した酵素液をニューヨークの発明品展に出品したところ、ゴールドメダルをいただいたんです。さらに1996年、世界中から5000社が集まったロサンゼルスの博覧会に酵素液を出品すると、現地の医学者や農学者に絶賛されました。しかも、「年間1億5000万円の研究費を10年間支給するから、アメリカの研究機関に来ないか」と誘われたんです。でも、私は英語が話せませんし、日本には家族も会社の従業員もいますから、丁重にお断りしました。
 
川上 アメリカの研究機関からお誘いを受けるなんてすごいですね! でも、そこでアメリカに渡らなかったからこそ、こうして日本で事業を続けられたわけですね。
 
glay-s1top.jpg
天野 そうなんですよ。新商品の開発も自由に行えますからね。その結果、茸類、スギナ、ヨモギ、海藻などを麹で自然発酵させた、漢方薬のような新しい酵素液を開発しました。弊社の商品は調整剤などを使っていませんし、砂糖も一切使用していないんです。ですから、天然由来の成分と酵素の力によって健康改善が期待できるんですよ。もちろん、私も愛飲していますし、そのおかげで体調が良く、今年2019年で85歳の今でも現役で働けると感じています。
 
川上 アマノ酵素さんの発酵液はどのような特長があるんでしょうか?
 
天野 弊社の酵素液は、飲んで体調を整える効果だけでなく、やけどや虫刺されの際に塗布することで炎症を抑える効果も期待できます。また、洗面器一杯分ほどの水に酵素液を5~6滴ほど混ぜて顔に塗れば、化粧水代わりにもなるんですよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事