B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

水道工事を基軸に集結
熟練のリフォーム集団

 

夢に向かい努力する“男前”の人材を求める

 
glay-s1top.jpg
タージン 建築業界は募集しても若者が集まらない、入社してもすぐに辞めると困っている会社が少なくありません。その中でシバタ管工さんに人材が定着するのは、どうしてなのでしょうか。
 
柴田 それはたぶん、私が“かっこいい親方”を意識していることもあるかもしれません。若者に「ああいう親方になりたい」と思ってもらえるよう、私はファッションなど、見た目にも気を遣っているんですよ。
 
タージン なるほど。今はつらいことが多くても、努力次第で“かっこいい親方”になれるなら、若者もきっと頑張れます。手の届くところにあこがれの存在がいると、夢に向かって走れるようになるのでしょうね! それでは、あらためて今後の展望についてお聞きします。柴田社長ご自身は、将来にどのような夢を描いていらっしゃいますか。
 
glay-s1top.jpg
柴田 これからも自分の仕事にプライドを持って事業を続けたいですね。具体的な夢として、私は食べることが大好きなので、飲食店のリフォームをデザインから手がけたいと思っています。そのためにも、お客様とは「建築に詳しい友人ができた」と感じていただけるような、話しやすく相談しやすい関係を築いていきたいですね。
 
タージン なるほど。そのためにシバタ管工さんやTeam ShibaKANを大きく伸ばしていくには、若手の育成も欠かせませんね。
 
柴田 若い職人はどんどん増やすつもりですよ。弊社は“男前”の人材を求めています。男前というのは見た目だけでなく、夢に向かって努力できる“男前のハート”を持った人材のこと。そんな若い人たちと、いつまでも一緒に仕事をすることが私の生涯の目標です。
 
タージン 懸命に仕事に取り組んでいれば、誰でも柴田社長のような男前になれますよ。職人さんを大切にし、若者が夢を持てるシバタ管工さんを、私も応援しています。これで私も、シバタ管工さんの“ドラマ”に参加できますね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
若いスタッフがベースとなる事業を頑張ってくれているからこそ、私は新しい事業に挑戦できている。好きなことができていて楽しいですし、ありがたいですね。
(柴田博史)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 シバタ管工株式会社
■ 本社 〒607-8075 京都府京都市山科区音羽野田町20 トップビル2F
■ 事業内容 水道管・水廻りの工事/新築マンションの設備工事/リフォーム工事
■ 設立 平成30年9月
■ 従業員数 8名
■ ホームページ http://s-kan.net