B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

人を育て適材適所で派遣 プラント建設を支える
株式会社エンジニアパートナー 代表取締役 田中信介

 
プロフィール 佐賀県出身。北九州大学を卒業後、宝石商や準公務員として働いたほか、金融会社でさまざまな経験を積み、製造業向けの派遣会社に就職した。営業部に所属し、ノウハウを学ぶ。その後、別の建設業向けの人材会社に転職した。その中で、取引先や派遣スタッフなど、同時期に3人から独立を勧められたことをきっかけに独立開業を決意。2013年8月に(株)エンジニアパートナーを興した。【ホームページ
 
 
 
労働人口の減少や労働者派遣法の改正など、派遣業を取り巻く環境は大きく変化している。そんな中、企業規模を拡大している派遣会社が、株式会社エンジニアパートナーだ。同社では、プラント業界に向け、スキルの高い技術者・現場監督者を派遣しており、派遣先から厚い信頼を寄せられている。さらに高まるニーズに対応するため、外国人労働者も受け入れ、育成や支援に注力。田中信介代表取締役は、さらなる規模拡大を目標に掲げる。
 
 
 

プラント業界向け派遣業で業績拡大

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 名高達男(俳優)
名高 田中社長にお目にかかるのは2度目ですね。前回は、御社の業務内容や派遣業界の課題などについてお話をうかがいました。あれから事業に変化はありましたか?
 
田中 現在もプラント業界向けの技術者・現場監督者派遣をメインとしており、業務内容に変わりはありません。ただ、企業規模としては大きくなり、業績も社員数も増加しました。
 
名高 ほう、それは素晴らしいですね。現在、社員は何名ほどいらっしゃるのですか。
 
田中 派遣社員のみで54人おります。以前、名高さんがお越しになったときは30人ほどでしたから、2倍近くにまで増えました。
 
名高 1年半の間に2倍も! それだけ、派遣先が増えたということですね。
 
田中 はい。派遣業界では大きな制度改正があり、2018年9月の時点で事業を廃止、あるいは縮小した派遣会社もあるんです。人材の供給がなくなれば、当然、派遣先としては困りますよね。
 
名高 すぐさま業務に支障をきたすことでしょう。それで、実績のある御社へのオファーが増えているのですね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事