B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

実際に運転する車と道で ドライビング技術を指導
株式会社テニア 代表取締役 手塚淳一

 
プロフィール 東京都出身。両親に叱られるほど車を撮影するなど、少年時代から車好き。高校時代は憧れの日産・スカイラインを店内に展示する喫茶店の開業を夢見た。大学卒業後、トヨタ自動車(株)に就職。その後、自動車学校に転職し、指導員を30年以上務める。業務を通じて重ねた経験や知識を、より社会のために役立てたいとの思いで独立を決意。出張ドライビング講習を手がける(株)テニアを創立した。【ホームページ
 
 
 
運転免許を所持しながら普段から車を運転しない人を、ペーパードライバーと呼ぶ。公共交通網が発達した都心部で多く見られるが、カーシェアリングサービスが増加している近年、脱ペーパードライバーを目指す人が増えてきている。とはいえ、「ハンドルを握るのは教習所以来」という人の運転は、本人も周囲の人にとっても怖いもの。大切なものを失わないために、まずは株式会社テニアで講習を受けることがおすすめだ。
 
 
 

教習所指導員30年の経験をもとに独立

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 杉田かおる(女優)
杉田 出張型の運転講習サービスを手がける株式会社テニアさん。手塚社長は、やはり車がお好きなのでしょうね。
 
手塚 小学生の頃から大好きで、大学時代にはすでに4台所有していましたね(笑)。
 
杉田 これまで10台以上乗り換えてきた私からしても、学生の時点で4台とはすごいです! お仕事は、車関係一筋なのでしょうか?
 
手塚 大学卒業後はトヨタ自動車株式会社に就職し、その後、教習所に転職して30年指導員を務めました。管理職にも就き、やりがいを持って働いていましたね。次第に自分が理想とする指導を実現してこの業界のトップになりたいと考えるようになり、志を共にする2人の仲間と独立したんです。ご予約の対応に指導もするとなると、体一つでは持ちませんからね。優秀な仲間と事業を興せば、よりよいサービスが提供できると考えたんです。
 
杉田 ずっと車に恋しているようで素敵です。頼もしい仲間と三銃士のように協力してつくるサービス。どんな内容なのか、さらに興味が湧いてきましたよ!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事