B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

人にも環境にも優しい 水の大切さを広く伝える
有限会社モナミック 代表取締役 菊地善一

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 杉田かおる(女優)
杉田 神奈川県横浜市の有限会社モナミックさん。まずは事業内容を教えてください。
 
菊地 水活性化装置メーカーの代理店として、販売と普及を行っています。この装置は「水の活性化方法」として特許も取得しているんですよ。この装置を水道管に取り付けて用いれば、水道水もまるで湧き水のように、柔らかく感じられるんです。
 
杉田 私も先ほど試飲させていただきました。身体の中にすっと染み渡るようで、とても飲みやすく感じました。ただの浄水器とは違うんですか?
 
菊地 ええ。例えば、一般的な浄水器は専用のカートリッジを定期的に交換しなければならず、家計にも響きますよね。でも、この装置は取り付けるだけで良いんです。以前は同様の製品をつくるメーカーは多数ありました。しかし、どの企業も弊社の取り引き先であるメーカーには技術的に追随できなかったんですよ。ですから、現在この水活性化装置と肩を並べるほどの品質を持つ製品は、ほかにはないでしょうね。
 
杉田 なるほど。他社ではマネできない高い技術力でつくられているんですね。菊地社長が水活性化装置に着目したのはいつ頃なんですか?
 
菊地 定年退職直後に、この装置で活性化された水と出合いました。そして、その素晴らしさに感動し、ぜひ普及したいと考えたんです。私は昨年2018年で78歳になりましたので、現在の仕事に携わるようになってから20年近くになりますね。
 
杉田 80歳に近いとは思えないほど若々しくて、お肌もきれいですね! とてもうらやましいです(笑)。
 
菊地 私自身、この水をいつも飲んでいるからだと思いますね(笑)。
 
杉田 定年退職後から、まさに第二の人生が始まったわけですね。
 
glay-s1top.jpg
菊地 ええ。この水と出合ったおかげで、“水の大切さ”にあらためて気付きました。何と言っても、水は生命の源ですからね。そこで、水そのものの大切さを伝えるため、水質改善や自然環境保護の啓発活動を行っているんですよ。私は、水質を良くすることで、人の健康を守り、また、自然環境も良くしていけると考えています。ですから、啓発活動の一環として、毎月「環境と健康の体験会」も開催しています。今後も人々の健康を守り、自然環境を良くしていけるよう、水の大切さを広く一般に伝えていきたいですね。
 
杉田 今日のお話をうかがって、私も水の大切さをあらためて意識できました。これからもずっとお元気で、頑張ってくださいね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
夢や目標を持つことだと思います。それに向かって仕事に励めば、自然と楽しくなるんですよ。それが人の健康を守り、環境を良くする手助けとなるなら、より一層嬉しいですね。
(菊地善一)
 

:: 企業情報 ::

有限会社モナミック

〒224-0053 神奈川県横浜市都筑区池辺町4876

ホームページ
http://www.monamic.net