B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

介護業界に新風を呼ぶ
人材教育や職場改善支援

 
 
glay-s1top.jpg
八木 ご自身が現場での仕事を長く経験し、運営や管理などいろいろな側面から介護業界を見てきたからこその思いなんでしょうね。具体的な業務内容も教えてください。
 
松永 私の思いに賛同してくれる施設へ赴き、管理者やスタッフの教育実習をサポートするアドバイザーの役割を担っています。実は、介護業界では経営者が思い描く企業理念が、現場のスタッフにまで共有されていないことが多いんですよ。というのも、しっかりした理念が根付いていないと、日々仕事の忙しさに追われる中で自分が何のために仕事をしているのか、わからなくなってしまいがちなんです。
 
八木 確かに、自分が目指すべきものが見えないと、仕事に対してもやりがいが感じられず、結局は離職につながることも少なくないでしょうね。
 
松永 そうなんです。ですから、管理者には、スタッフたちに理念や目標を浸透させるとともに、スタッフ一人ひとりの状況を把握して働きやすい環境づくりをしてもらうよう指導します。そして、スタッフたちにも自分自身の目的をしっかり定め、自己開示をするように教えています。「私はこういう仕事がしたい」ときちんと伝え、周囲からの協力や理解が得やすい現場をつくっていけば、誰もが働きやすい環境になると考えています。
 
八木 みんなが同じ目標に向かって進んでいけるよう働きかけるわけですね。スタッフや運営側だけでなく、施設の入居者さんに対して取り組んでいることもあるんでしょうか?
 
glay-s1top.jpg
松永 最近、力を入れているのが「看取りマネジメント」という取り組みです。残念ながら、現在でも一般社会から見て、閉鎖的な環境の高齢者施設は少なくありません。例えば、ある入居者様が亡くなったとき、仲の良い入居者様同士でも、そのことを知らされないというケースも多いんです。特に身寄りのない入居者様の場合、亡くなった際の手続きなどを施設が内々で処理してしまうこともあるんです。そこで私は施設に働きかけ、施設内で親しい入居者様同士、最期のお見送りができる体制をつくっていきたいと考え取り組んでいます。
 
八木 松永代表のように新しい観点を取り入れて、積極的に業界を変えていこうと取り組むのは、誰でもできることではないと思います。だからこそ、松永代表には今後もぜひ頑張っていただきたいですね。
 
松永 ありがとうございます! これからも、私が介護業界に長く携わってきたからこそできることを考え、問題解決に努めるとともに、業界全体のイメージアップに貢献していきたいと思います。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
目標を必ず立てることです。例えば、最終的な目標とする業界のイメージアップのために今何ができるのかを考え、まずは情報を発信することを短期目標として定めます。そして、全国各地で共感してくれる人を集めていく。そんな風に、1つずつ目標を達成していくことが楽しさにつながりますね。
(松永静香)
 

:: 企業情報 ::

合同会社クオーレ

〒533-0022 大阪府大阪市東淀川区

ホームページ
http://cuorenet.jp

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事