B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

毎日、新しい感動を生むライフスタイルショップ
irodori/共感堂合同会社 代表 鈴木啓介

 
プロフィール 愛知県出身。大学院修了後、お菓子の商社に就職し、営業を経験する。退職後は大手通信教育会社などで経験を積みながら、コミュニケーションを中心としたセミナーの講師を開始。そのほか、予約販売専門のネットショップを立ち上げ、スキンケア・ヘアケア等のオーガニック商品を取り扱い、2017年にはレンタルルームの運営もスタート。2018年3月に法人を設立し、同年12月、ライフスタイルショップ「irodori」をオープンした。【ホームページ
 
 
 
2018年12月、東京都豊島区、JR大塚駅徒歩3分ほどのところにオープンしたライフスタイルショップ irodori(いろどり)。オーガニック化粧品や食品を中心に取りそろえている。運営するのは、共感堂合同会社だ。代表の鈴木啓介氏は、“出会う喜び”“プレゼントする喜び”“もらう喜び”の3つをコンセプトに、地域への貢献を目指して念願の路面店を開業。「今日も、感動を生み出していこう」をキーワードに成長し続けている。
 
 
 

副業で講師の経験を積んだ

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 矢部みほ(タレント)
矢部 東京都文京区に拠点を置き、やレンタルルームの運営を手がける共感堂さん。まずは、鈴木代表の歩みをじっくりと教えていただけますか。
 
鈴木 私は愛知県出身です。農学を勉強するため北海道の大学に進学し、在学中は、勉学はほどほどに(笑)、英語でミュージカルを上演するサークルで演出家・役者・振付師として活動しました。大学院まで進み、26歳で修了。そしてお菓子の商社に就職し、東京支部で営業の仕事に就きました。1年後に退職して大手通信教育会社に再就職しまして。その後も何度か転職を経験しながら、副業を始めることにしたんです。
 
矢部 副業の内容は、どのようなものでしょうか。
 
鈴木 コミュニケーションを中心としたセミナーの講師です。6年前の2012年に始めたのをきっかけに、起業を目指す人の支援など、講師の仕事を長く続けてきました。
 
矢部 鈴木代表は、人にものを教えるお姿が似合いそうですね。
 
鈴木 本当はあがり症で、人前に立つと緊張するんですよ(笑)。でも、講師の仕事はやってみるとおもしろかったですね。そもそも私が講師になったのは、すでに起業し自分の力で稼いでいる友人に、私の適性を見てもらったところ、人に教える仕事が向いていると言われたからなんです。現在も講師を続けていますよ。人と話す楽しさを味わえますし、コミュニケーションを学んだ方々の成長を見ると感動を覚えます。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事