B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

世界的観光都市を支える民泊コンシェルジュ
京都ヴィジターズ/Kyoto Avocado Village Homestay & Share House 代表 服部均

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 民泊関連事業を手がける京都ヴィジターズの代表、服部均さんと、シェアハウスのKyoto Avocado Village Homestay & Share House(キョウトアボカドヴィレッジホームステイアンドシェアハウス)の女将(奥様)の景さんのお二人にお話をうかがいます。まず、京都ヴィジターズの業務内容を教えてください。
 
服部(均) これから民泊(宿経営)を始めようという方、あるいは宿泊施設の運用にお悩みの方へ、さまざまなサービスを提供します。例えば、Airbnb(エアビーアンドビー)などの宿泊施設Webサイトを利用されている方々を対象とした、お掃除やベッドメイクの代行サービスがあります。当社は京都でいち早くこのサービスを立ち上げました。そのほか、物件見回りや保守管理などのメンテナンス、鍵や荷物預かりといったゲストサポート、ガスや水道回りの各種トラブル対応、さらに、これから民泊を始めようという方へのスタートアップ代行を行っています。
 
八木 まるで民泊事業のコンシェルジュですね! ここ最近、京都のインバウンド需要も増加しているから、各種代行サービスは重宝されると思います。
 
服部(均) 京都は私の地元ですので、不動産会社や工務店、行政書士との連携もばっちり。物件紹介からリフォーム、簡易宿泊所の許可申請作業などを立ち上げからワンストップでサポートいたしますよ。
 
八木 民泊(宿泊)施設オープン後も建物の保守管理やクリーニングなど、一貫してお任せできるのは各種業者さんとやりとりするより効率的で、いいですね。
 
服部(均) 京都ヴィジターズを立ち上げる前から、京都おそうじサービス「新洗組」を運営しているため、ハウスクリーニングには自信があります。そちらでは内装工事や設備のメンテナンスも手がけているので、建物のお困りごとなら何でも対応できます。
 
glay-s1top.jpg
服部景(女将)さん
八木 それは頼もしい! 古い建物が多い京都です。10年選手ならぬ100年選手もザラでしょう。他の地域に比べてもメンテナンスは重要だと思います。そこを専門知識のある業者さんに担当してもらえれば安心ですね。
 
服部(均) 民泊を利用する方はもちろん、民泊のホスト様にも安心していただきたいですからね。「初めて日本家屋に滞在する方とは、こういうトラブルが起きがちですよ」と事前にアドバイスもいたします。また、近隣にお住まいの方々に、安心・安全を感じていただくことも不可欠。ですから、民泊施設やシェアハウスが正しく運営されるように、コンシェルジュとして常に細心の注意をしています。