B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

リフォームに強い便利屋
小さな依頼から終日受付

 

対話重視・適正価格の工事を今後も続けたい

 
glay-s1top.jpg
川﨑 中にはちょっと変わった依頼もあるのでは? 
 
内田 探偵のような調査を頼まれて東京まで日帰り出張したり、2、3時間ただ話し相手を務めたりしたこともありますね。
 
川﨑 サービスとしては珍しくても、頼む側にとっては切実なことでしょうから、引き受けてくれる人がいるのは心強いと思います。便利屋さんには、どんなことにも素早く応じられる柔軟さが必要ですね。
 
内田 そういう意味でも、職人同士の横のつながりがあるかないかの差は大きいと思います。先ほどお話しした業務の1つである植木の剪定も、知り合いのプロから基本を教わったからできるのであって、経験ゼロでいきなりは無理ですからね。
 
川﨑 ほかにも、白木洗い、ブロック塀やガレージの高圧洗浄なども専門的な知識や技術も必要なものでしょう。とにかく、困ったことがあったらまず内田代表に電話ですね! ただ、工事の仕上がりや料金のことを心配されるお客さんも多いと思います。納得してもらうために、何か心がけていることはありますか?
 
glay-s1top.jpg
内田 言うまでもなく、リフォームや塗装は人によって好みの違いが大きいので、色柄を決めるときも、お客様に一つひとつ確認しながら進めます。料金については、ご要望次第で前もってお見積もりにうかがいますし、適正な日当と材料費以上は決していただきません。どうぞご安心ください、と伝えたいですね。
 
川﨑 経験と実績のある内田代表なら無茶なことはされないという信頼感があるから、30年近い間、お客さんが絶えないのでしょうね。
 
内田 ありがとうございます。おかげさまで、たくさんのリピーターの方に恵まれて、ここまでやって来られました。夢なんて大それたことはありませんが、これからも今まで通りコツコツとこの仕事を続けていき、お客様に喜んでもらえたらそれで満足ですね。
 
川﨑 今年6月の大阪府北部地震では母の自宅もかなり揺れたらしく、後で便利屋さんに家具の固定を頼んだところ、壁の色に合わない板を張り付けられたなどと嘆いていました。今日の内田代表のお話を聞いて、このような工事では、依頼者であるお客さんと、依頼を受ける業者のコミュニケーションが本当に大事だという思いをさらに強くしました。これからも頼れる便利屋さんとしてがんばってください。応援しています。
 
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
私は現在65歳。振り返ったら、「40歳だから」「50歳だから」と、年齢を理由にあきらめようと思ったこともありました。でも、今は今しかありません。60代だからできること、今からできることをやろうという気持ちで、日々前向きに取り組んでいます。
(内田誠一)
 
 :: 事業所概要 :: 
  ■ 事業所名 便利屋ねこの手
■ 所在地 〒590-0814 大阪府堺市堺区石津町3-13-7
■ 事業内容 ハウスクリーニング/草刈り・植木の剪定/害虫駆除/買い物代行/リフォーム工事全般
■ 設立 平成2年1月
■ ホームページ http://benriya-nekonote.net
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事