B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

大工一筋35年の経験で顧客の要望に柔軟に対応
建築業タナカ 代表 田中雅啓

 
プロフィール 大阪府出身。大工や現場監督として活躍していた父の背中を見て育つ。高校卒業後は大工見習いとして建築業に就き、32歳で独立。業界歴は実に35年以上になる。現在は内装や水回り、店舗や病院のリフォームなど幅広く手がける。自身が持つ優れた技術に加え、さまざまな分野の職人や協力会社と連携することで、顧客のニーズに合わせた柔軟な対応で施工を行っている。【ホームページ
 
 
 
一般家屋の内装や水回り、店舗や病院のリフォームなど幅広い施工を手がける建築業タナカ。田中雅啓代表は、実に業界歴35年以上を誇る大ベテランである。その特長は入念なヒアリング。顧客からだけでなく、協力会社とも相談し合い、より良い提案を行う。そして、これまで職人として磨いてきた優れた技術で、顧客の要望をかなえるための施工を進めるそうだ。「お客様の喜ぶ顔が見たい」と語る田中代表に、仕事への思いを聞いた。
 
 
 

基礎を徹底的に学んだ修業時代

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 内装や水回りのリフォーム工事などを手がける建築業タナカさん。まずは現在に至るまでの田中代表の歩みを教えてください。
 
田中 もともと父親が大工をしており、その影響で私も高校卒業後から、大工の修業を始めたんです。最初は墨付けなどの基礎的な技術を徹底的に学びました。その後も大工としての技術を数多く習得し、32歳の時に独立したんです。大工歴は35年以上になりますね。
 
タージン お父様の影響で建築業に就いたわけですか。修業時代は厳しいこともたくさんあったと思います。その経験の中で、現在でも活かされていることはありますか?
 
田中 私が体で覚えたものすべてですね。中でも墨付けや研ぎといった技術は、現在では手がけることができる職人がとても少なくなりました。私はこれらの技術を身につけているおかげで、古い建物の構造もイメージしやすいですし、現場で必要になれば、すぐに駆けつけて対応できるんです。
 
タージン なるほど。現在の大工さんにはない希少な技術を身につけていて、さらに経験も豊富な大ベテランとあれば、お客さんにとってはとても信頼できますね!