B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

たこの仲買・加工一筋!味と鮮度に自信あり
寿水産株式会社 代表取締役 北尻耕一

 
プロフィール 大阪府出身。大学卒業後は総合商社に就職。中国やパキスタン、東南アジアなど、海外滞在も数多くこなし、物流のノウハウも得た。祖父が創立した寿水産(株)に戻ったのは30歳頃のこと。先代である父のもと、一から水産業について学び、3代目に就任。現在は商社時代の経験を活かし、たこの輸入先となる海外への視察を行ったり、ネット上での新規販路を開拓したりと精力的に活動している。【ホームページ
 
 
 
たこ焼きで知られる大阪府は、もちろんたこの消費量でも日本一。全国で最もたこにうるさいその土地で、50年以上にわたってたこの仲買・製品加工を行っているのが寿水産株式会社だ。特に、自社研究を重ねた製法でボイルされたたこは、なにわの食道楽たちを魅了する。「たこは嗜好品。その魅力を、世界中の人に伝えたい」と話す北尻耕一代表取締役。情熱に溢れたその語り口で、我々に奥深い“たこの世界”を教えてくれた。
 
 
 

たこ一筋60年の老舗水産会社

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 大阪市中央卸売市場東部市場でのれんを掲げる、寿水産株式会社さん。なんでも、かなりの歴史をお持ちだそうですね。
 
北尻 たこ専門の仲卸として祖父が起業したのが、60年前の1958年になります。当時は鶴橋で営業しており、この東部市場設立開業時に移転し、父そして私と代々会社を守ってきました。
 
タージン 東部市場より先に誕生していたとは驚きですね。これだけの長い歴史があると業界からの信頼もさぞ厚いでしょう。
 
北尻 ありがたいことに、料亭や仕出し店、小売店など多くのお客様からご贔屓にしていただいています。大手スーパーともお付き合いがあるため、寿水産と知らないうちに、私たちの扱ったたこを食べた方も多いと思いますよ。
 
タージン ということは、私も食べたことがあるのかも。たこは大好物でよく食べますからね。
 
北尻 そんなタージンさんに、ぜひ弊社の商品をご賞味いただきたく、今、ボイルしているところなんですよ。
 
タージン なんと、それはありがたい! お話の他にも楽しみができましたよ(笑)。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事